メニューインのバッハ
 先月(2015年8月22日)のことですが、土浦音楽院楽友会の演奏会でバッハの管弦楽組曲第2番を演奏する機会がありました。実はこの曲は私にとって個人的に思い出深い曲なのです。
 まず小学校の5年生の頃、岡山県倉敷市の小学校の合奏部で、第2曲の「ロンドー」と第6曲の「メヌエット」を演奏しました。私がフルートを始めたのがこの合奏部でのことなので、この曲もフルートで吹いたように思っていましたが、この時吹いたのはアルトリコーダーだったかも知れません。いずれにしてもこれがこの組曲との出会いでした。
 その後私は倉敷から転校して名古屋市の中学校で2年生になりました。ところがさらに東京に転校することになり、そのときに私がフルートを吹くことをご存知だった先生が「みんなの前で何か一曲吹いてくれ」とおっしゃったので、第3曲の「サラバンド」を伴奏なしで吹きました。40年前のこの中学校には吹奏楽部や器楽部などがなく、フルートを吹く生徒はあまりいなかったのです。

 このバッハの管弦楽組曲第2番を、子供の頃の私はユーディ・メニューイン Yehudi Menuhin 指揮のバース音楽祭管弦楽団 Bath Festival Orchestra、エレーヌ・シェーファー  Elaine Shaffer のフルートによる演奏で聞いていました。それはこのLP(カップリングは第3番)が当時のお小遣いの範囲で手が届くものだったという、いささか消極的な理由によるもので、特にこの演奏を選んだわけではありません。このLPは中学生の頃まではよく聞きましたが、その後めっきり聞かなくなり、今は処分してしまったか実家にあるかどうかすらわからなくなってしまいました。
 ところが最近になって、メニューインが指揮・演奏したバッハの管弦楽組曲全曲、ブランデンブルク協奏曲全曲、「音楽の捧げもの」、チェンバロ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲などを収めたCD7枚組のセットをネットの通販で廉価で入手し、思い出の管弦楽組曲第2番を、おそらく30年ぶりくらいに聞くことができました。また付属の簡略な解説書により、バース音楽祭管弦楽団やフルーティストのエレーヌ・シェーファーについても新たな知見を得ることができました。
続きを読む >>
| オーケストラ活動と音楽のこと | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アバド / ベルリン・フィルのベートーヴェン交響曲全集DVD
 以前拙ブログでちらっと触れましたが、土浦交響楽団でご一緒させていただいているヴィオラ奏者の榊原さんから、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団によるベートーヴェンの交響曲全集のDVDを貸していただき、先日ようやく全曲を視聴し終わりました。
 この全集は第1番から第8番までが2001年2月8日から14日にかけてローマのサンタ・チェチーリア音楽院で収録されたもの、第9番が2000年5月1日にベルリンのフィルハーモニーで収録された「ヨーロッパ・コンサート2000」のもので、いずれもライブです。

<写真のように交響曲全9曲を収録したDVD4枚セットが紙製ケースに収められています。なお同じ演奏会で演奏された序曲、協奏曲等は収録されていません。>

 実は2000年という年はアバドにとって大変重大な年でした。このDVDに収められた5月1日の「ヨーロッパ・コンサート」に続いて同じ5月にベルリン・フィルと南米演奏旅行を行った後、いくつかの演奏会をキャンセルして胃がんの手術を受けたのです。復帰は同年10月でした。つまりこのDVDセットにはアバドが胃がんに倒れる直前と復帰数ヶ月後の演奏が収められているのです。
 一度病に倒れて再起した演奏家の中には、たとえば指揮者のフェレンツ・フリッチャイのようにその前と後で演奏スタイルががらりと変わってしまった人もいます。このDVDで見るアバドも、手術前の「第九」に比べて復帰後は頬のあたりがこけているのがはっきりとわかります。しかし指揮ぶりはほとんど変わらず、復帰後の方が動きが軽く切れがよいようにも見えますし、演奏スタイルの違いも感じられず、むしろ「第九」とそれ以外の交響曲の作風の違いがはっきりと感じられました。

 この全集でのアバドのアプローチは、たとえばベルリン・フィルでの前任者のカラヤンのように大編成の豊穣な響きと迫力を前面に押し立てるものとは対照的に、小さい編成で奏者同士の室内楽的なアンサンブルによる生き生きとした音楽を目指すものです。第1番から第8番では第1ヴァイオリンが4プルトないし5プルト、コントラバス3本ないし4本、「第九」でも第1ヴァイオリンはおそらく5プルト、コントラバスは6本で、どの曲でも管楽器は各パート1本ずつです。テンポは速めで慣例的な「溜め」や大きなアゴーギクは基本的に避けられていて、自然な流れの中にベートーヴェンが仕組んだオフビートの sf や突然のダイナミクスの変化が目覚ましい効果を挙げています。
 古楽系の演奏スタイルが普及した今日ではこうしたスタイルによる演奏は珍しくありませんが、今から15年前に、しかもベルリン・フィルという超メジャーなビッグオーケストラを率いてこうした演奏を行ったことは、当時及びそれ以後の音楽界に相当な影響を与えたであろうと思われますし、この路線でさらに尖鋭化した演奏(たとえば今年NHK交響楽団の首席指揮者に就任したパーヴォ・ヤルヴィがドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンを指揮したものなど)も現れてきた今日では、中庸の美徳というか、大変上質な演奏を安心して聴くことができるという意味で貴重だと思います。勿論「平凡」ということではありませんよ。
続きを読む >>
| オーケストラ活動と音楽のこと | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
段ボール箱一杯のCD・DVD
 以前 DECCA SOUND MONO YEARS 1944-1956 全50アイテム53枚の感想文をアップしたご利益でしょうか、大学オケ時代からの友人の青木医師から段ボール箱一杯のCD・DVDが送られてきました。そのうちいくつかはご恵贈いただけるとのことで、大変ありがたいことです。それ以外は聞いて感想文をアップせよということであろうと思いますが、土浦交響楽団の榊原さんから拝借しているアバド / ベルリン・フィルのベートーヴェン交響曲全集のDVDもまだ全部見終わっておらず、宿題が終わらないうちに次の宿題が出てしまったようなもので、もう嬉しい悲鳴です。

<写真が問題の段ボール箱。ご恵贈いただけるものはさっさと取り分けてしまったので(笑)スカスカに見えますが、送られてきたときには文字通りぎっしり詰まっていました。>

 ご恵贈いただいたのはカラヤンのモノラル録音のボックス2つ、クレンペラーの1950年代の録音のボックス、コンヴィチュニー / ライプツィヒ・ゲヴァントハウスのボックス、さまざまな指揮者によるベルリン・フィルの1930年代から1950年代のモノラル録音のボックス、ウィーン・フィルの100年ベストと銘打った6枚組で、まさにピンポイントでツボを抉られました(笑)。さらにベートーヴェンのヴァイオリン‥ソナタのCDが1枚。これたちは後々ゆっくり時間をかけて聞いていきましょう。

 問題はそれ以外の、いずれお返ししなければならないものたちで、これがまたすごいメンツです。
続きを読む >>
| オーケストラ活動と音楽のこと | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アバドのベートーヴェン第5番第三楽章(2001年2月 サンタ・チェチーリア音楽院ライブ)
 土浦交響楽団でご一緒させていただいている榊原さんから、アバド指揮ベルリン・フィルのベートーヴェン交響曲全集のDVD(2001年2月、ローマのサンタ・チェチーリア音楽院でのライブ)を貸していただき、今日は2番と5番を視聴しました。
 ところでこのアバドの5番は第三楽章のトリオが終わった後に曲の最初の方まで戻り、トリオを2回繰り返しています。今日一般的にはトリオ終了後は繰り返さず、スケルツォ−トリオ−スケルツォという3部構成で演奏しますが、このアバドの演奏ではスケルツォ−トリオ[−スケルツォ−トリオ]−スケルツォというふうに[ ]内が繰り返され、5部構成になるわけです。これはこの曲と並行して書かれていた兄弟曲である交響曲第6番「田園」の第三楽章と同じ形です。

 交響曲第5番の第三楽章の5部構成説は東ドイツ(当時)の音楽学者ペーター・ギュルケが校訂して1977年にライプツィヒのペータース社から出版されたスコア(通称:ギュルケ版)で有名になったもので、これに基づいて5部構成での演奏や録音もいくつか出ました。ピエール・ブーレーズ指揮ニュー・フィルハーモニア管弦楽団盤(1968年)はギュルケ版以前に5部構成で演奏していますが、1980年代になってホグウッド、ノリントン、アーノンクール、ジンマンなど、主に古楽系の人が5部構成での録音を残しています。
 ブーレーズ盤がギュルケ版に先立って5部構成を採用していることからわかるとおり、これはギュルケが新たに言い出したことではなく、ベートーヴェンの自筆スコア、初版の版下(印刷用原稿)用に写譜されたスコア、初演のためのパート譜等を丹念に調べると、実はベートーヴェンが最初に意図したのは5部構成であったことが明らかなのです。しかしその後上述の[ ]内の繰り返しが削除され、現在では3部構成が一般的になっています。

 私が拝借しているアバドのDVDの解説には、この演奏でアバドは「ジョナサン・デル・マー校訂の新しいスコアを採用した。」とあります。「ジョナサン・デル・マー校訂の新しいスコア」とはいわゆるベーレンライター版と呼ばれているもので、プロ、アマ問わず今日一般的に使用されているものです。しかしベーレンライター版のスコアは、実は5部構成を斥けて3部構成を採用しているのです。5部構成を採用しているスコアは上述のギュルケ版の他にクライヴ・ブラウン校訂のブライトコプフの新板があり、私は未見ですがイェンス・ドゥフナー校訂のヘンレ版も5部構成を採っているそうです。

<左が5部構成を採用しているブライトコプフ新板のスコアの該当箇所。1番カッコ(1. ad libitum とある)の後にリピートマークがあり、曲の最初の方まで戻り、再びここまで演奏してきたら2番カッコへ入って先へ進む。右はベーレンライター版のスコアの該当箇所で、1番カッコやリピートマークがなくそのまま先へ進むため、全体は3部構成になる。>
続きを読む >>
| オーケストラ活動と音楽のこと | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「KARAJAN 2008」を読んで聞いて見て
 オーケストラの友人の榊原さんから「KARAJAN 2008」という豪華アルバムを貸していただきました。「帝王」と呼ばれた伝説的な大指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンの生誕100年を記念して発刊された縦215mm横281mmのハードカバー、本文47ページ。写真集・年譜(英・独・仏)と著名アーティストらの短い回想文(ミレッラ・フレーニ、バーバラ・ヘンドリックス、クリスタ・ルートヴィヒ、アンナ・トモワ=シントウ、ホセ・カレーラス、ジョセ・ファン・ダム、ジェイムズ・ゴールウェイ、マリス・ヤンソンス、小澤征爾の各氏)が収められ、CD2枚とDVD1枚がついています。CDとDVDの内容は以下の通り。

CD
1. リスト:ハンガリー狂詩曲第5番(CD初出)
2. J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 BWV1043(初出)
   クリスチャン・フェラス、ミシェル・シュヴァルベ(Vn)
3. ブラームス:交響曲第4番

DVD
1. レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」より
  前奏曲
  「衣装をつけろ!」(第1幕第4場)
   ジョン・ヴィッカース(T)
   ミラノ・スカラ座管弦楽団
2. スッペ:喜歌劇「軽騎兵」序曲
3. ワーグナー:楽劇「ラインの黄金」より 第4場終結
   ゲルト・ニーンシュテット、カール・リーダーブッシュ、ルイ・ヘンドリクス
   ペーター・シュライアー、トーマス・ステュアート、ブリギッテ・ファスベンダー
   エヴァ・ランドヴァ、エッダ・モーザー、リゼロッテ・レープマン(以上歌唱)
4. ブラームス:「ドイツ‥レクイエム」より
  第4曲「なんと愛しいことでしょう、あなたのお住まいは」
   ウィーン楽友協会合唱団
5. チャイコフスキー:交響曲第4番 第3楽章
6. ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 第3楽章
   アレクシス・ワイセンベルグ(Pf)
7. ベートーヴェン:交響曲第5番

ボーナスCD
1. ベートーヴェン:交響曲第7番より 第2楽章(1962年録音)
2. ヨアヒム・カイザーとの対話〜ベートーヴェンの交響曲全集について(1977年)
  ※ドイツ語
3. ベートーヴェン:交響曲第7番より 第2楽章(1976年録音)
4. リチャード・オズボーンとの対話〜ベートーヴェン交響曲全集について(1977年)
  ※英語
5. ミシェリーヌ・バンゼとの対話〜ブラームス交響曲第2番のスタイルと解釈について(1964年)
  ※仏語、ピアノによるプレゼンテーションつき
6. ブラームス;交響曲第2番より 第1楽章
7. ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」の「春」より
  第1楽章のリハーサル
  第1楽章
   ミシェル・シュヴァルベ(Vn)

以上、演奏はDVDの1.(ミラノ・スカラ座管弦楽団)を除いてベルリン‥フィルハーモニー管弦楽団。指揮は言うまでもなく全てカラヤンです。
続きを読む >>
| オーケストラ活動と音楽のこと | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ワインガルトナーとクナッパーツブッシュ 〜ベートーヴェンの交響曲第8番をめぐって〜
 別の本を探していて「あ、こんな本持ってたっけ」と再発見。往年の大指揮者フェリックス・ワインガルトナーがベートーヴェンの交響曲の各曲の演奏上問題になる箇所を取り上げて自らの対応方法を述べた 'Ratschläge für Aufführungen der Symphonien Beethovens' (1907) その他2篇の英訳本 "On the Performance of Beethoven's Symphonies and Other Essays"(『ベートーヴェンの交響曲の演奏について 他』 Dover Publication, 1969)。 ワインガルトナーがこれを書いたのはもう100年以上前ですが、経験豊かな大指揮者の実践的なアドヴァイスは歴史的な意味も含めて貴重で、数年前に必要に迫られて第6番「田園」の項を読んだ時には「なるほど!」と納得する点もありました。
 今のところ私はベートーヴェンの交響曲というと第5番(5月30日本番)と第8番(6月7日本番)に取り組んでいて、中でも第8番はベートーヴェンの交響曲の中で1番か2番めに・・・あー3番めかも・・・とにかく大好きな曲なので、ワインガルトナー大先生はこの名曲のあそこやあそこをどのようにさばいていらっしゃるのかなと、ぱらぱらとページをめくってみました。

 ベートーヴェンの第8番の第一楽章でしばしば問題になるのが再現部冒頭、小節番号では190小節、練習番号Dからの8小節間。ファゴットとチェロ、コントラバスによって第一主題が全曲中最も強い fff fff はここともう一箇所しかない)で演奏されますが、問題は他の楽器も全て fff で、しかも比較的高い音域で音を伸ばしているので、全員が譜面通りに fff で演奏するとファゴット・チェロ・コントラバスは音量面で他に対抗できず、肝心のテーマが聞こえなくなるのです。

<譜例が問題の8小節間。赤枠で囲ったのがテーマを演奏するファゴット(上)とチェロ、コントラバス(下)。ファゴット、チェロ、コントラバスが束になってかかっても他の楽器の方が人数が断然多いし、楽器の音量自体もトランペットやホルンといった金管楽器にかなわない。ここは緑の丸で囲ったとおり全ての楽器に fff が指定されていて、もし全員がそのとおりに演奏するとテーマはほとんど聞こえなくなってしまう。>
続きを読む >>
| オーケストラ活動と音楽のこと | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ザ・シンフォニカ 第57回定期演奏会
 よく晴れて強い北風が吹き荒れた日曜日の午後、今年初めて演奏会を聴きに行きました。ネットがパソコン通信と言われていた頃にニフティサーブのクラシック音楽フォーラム(FCLA)で知り合い、その後土浦交響楽団のトラさんとしてもずっとお世話になっている「もちゃ」さんが入っているオーケストラの演奏会です。ずっと前から名前は聞いていましたが、演奏を聞くのは今回が初めてです。

ザ・シンフォニカ 第57回定期演奏会
日時:2015年2月15日(日)13:30開演
場所:すみだトリフォニーホール 大ホール(東京都墨田区)
曲目:管弦楽のための映像より「イベリア」(ドビュッシー)
   交響曲第8番(ブルックナー)
指揮:高関 健

 ブルックナーは「1890年稿 ハース版」とあります。今どき珍しい、と思うのは私だけでしょうか。ハース版は国際ブルックナー協会(一時期ドイツ・ブルックナー協会と改称していた)が1930年代に編纂・出版を進めていた原典版全集の通称ですが、ドイツの敗戦により中断。国際ブルックナー協会はその後ノヴァーク版と通称される第二次全集版を新たにスタートさせたため、ハース版(第一次全集版)は絶版となり現在は流通していません。従って現在では現役版のノヴァーク版が使われるのが一般的なのです。
 しかしハース版とノヴァーク版は編集方針や使用した資料が事なるため、曲によっては内容にかなりの違いがあります。特にこの第8番はハース版の方がノヴァーク版よりも第三楽章で10小節、第四楽章で38小節長く、つまりハース版でしか聞けない部分があるのです。このハース版独自の部分の原典版としての正統性やローベルト・ハースとナチスとの関係、レオポルト・ノヴァークの編集方針(というか、編集姿勢・態度?)等々について様々なこだわりをお持ちの方もいらっしゃいますが、去る者追わず来る者拒まずケセラセラな私は、ハース版がナマで聞けるだけでただただ有難い。多分1983年9月に東京カテドラルで聴いた朝比奈隆指揮の大阪フィル以来です。ちなみにこの演奏はライブ盤として発売されました。勿論持ってます!

 ・・・話が演奏会から離れてしまいました(汗)
続きを読む >>
| オーケストラ活動と音楽のこと | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
交響楽団CTK 第1回演奏会を聞きました。
 年も押し詰まった12月28日(日)、私にとってはちょっと特別な演奏会に出かけました。交響楽団CTK 第1回演奏会です。
 なぜこの演奏会がちょっと特別なのかというと、これは以前からミクシィで親しくさせていただいているSさんからお誘いいただいた演奏会だったのです。今年一年不如意な年を過ごした私のことを心に留めておいてくださって、この演奏会にも控えめに、しかし暖かくお誘いくださったSさん。本当にありがたいことです。

 Sさんがこの演奏会を選んで私を誘ってくださったのは、佐藤雄一氏の指揮する演奏会だったからです。Sさんは佐藤氏が指揮する演奏会のためならば遠路をものともせず、豪雪をおかして厳冬の会津へも出かけるほど佐藤氏に心酔されているし、私も茨城大学管弦楽団のトラとして佐藤氏の指揮で演奏したことがあり(こちらこちら)、独特な説得力のある音楽に感銘を受けています。つまりSさんと私が今年一年の締めくくりに共有しようとする演奏会として、佐藤氏の指揮する演奏会以上にふさわしいものはないのです。

<写真は演奏会プログラムとチケット半券。プログラムはA4を縦半分に折った大きさ。チケット半券はもぎった後にこの形になるように作られています。下世話な話ですがブルックナーのノヴァーク版はパート譜のレンタル料が高いのだし、ご覧のとおりプログラムとチケットの作りも凝ったものだし、お金には糸目をつけないこだわりの演奏会、という感じがうかがえます。>

交響楽団CTK 第1回演奏会
日時:2014年12月28日(日)19:00開演
場所:すみだトリフォニーホール 大ホール
曲目:交響曲第8番(ブルックナー)
指揮:佐藤雄一

使用稿はノヴァーク版第2稿とアナウンスされています。音楽之友社からスコアが出ている、最も一般的な版です。
続きを読む >>
| オーケストラ活動と音楽のこと | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明治の楽典と呂旋法・律旋法
クリックで拡大  先日古書店で明治32(1899)年に書かれた楽典を入手しました(左写真:表紙)。楽典とは西洋音楽の規則集みたいなもので、英語では musical grammar(音楽の文法)というらしい。明治時代の楽典というとけっこう珍しいものかと思いましたが、Wikipedia には「少なくとも1883年(明治16年)には、音楽取調掛にて、ジョン・ウォール・カルコット(John Wall Callcott)の『Musical Grammar』が『楽典』として翻訳・出版されており」とあり、本書も巻頭の「凡例」で「楽典の良著書多き今日に於て」なんて書いているので、それほど珍しいとか貴重だとかいうものではなさそうです。そういえば値段も数百円だったしね。

クリックで拡大  大きさはA5判より縦が1僂曚苗垢ね料本で、楽譜はもちろん横書きですが本文が縦書きのため右開き。「或物体の他物の衝撃を受けて顫動し、空気の媒介によりて吾人の聴官に達するもの之を名づけて音と云ふ。」に始まる総論に続いて、五線譜を使わずに数字で音高を示す「略譜」により高低記号・長短記号・休止記号・強弱記号・拍子記号・変更記号(シャープ、フラット、ナチュラル)・省略記号・延長記号(フェルマータ)・特別強弱記号(発想記号)・速度記号の説明があり、次いで五線譜による「本譜」で同じ内容が再説され、さらに各種の音階(調性)・大譜表・短音階・変拍子(三連音符)・全音階的十四音程・半音階・黒点、垂点及び連結線(スタッカートとスラー)、倚音、顫音及び回音(前・後打音、トリル、ターン)・全絃神速反復(これはどんなすごいものかと思ったらアルペジオのことでした ^^;;)が簡潔に説明されています。ここまでで本文59ページ。さらに「附録」として雅楽調音階が9ページ付いています。
<奥付(右写真)を見ると明治の本らしく「京都府士族」とか「大阪府平民」と書いてあります。著者の多 梅稚さんは京都の士族らしいが、「おお(の)うめわか」さんとお読みするのでしょうか。ひょっとすると「古事記」の編纂者「太安万侶(おおの やすまろ)」の遠い子孫?(名前の読み以外に根拠ありませんが・・・)>
続きを読む >>
| オーケストラ活動と音楽のこと | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴロヴァノフのチャイコフスキー「1812年」
ゴロヴァノフ1812 土浦交響楽団の次回の定期演奏会で、チャイコフスキーの大序曲「1812年」をやることになりました。ところで私の持っている「1812年」の音源は、以前紹介したゴロヴァノフ指揮の「悲愴」のカップリングで入っているものだけで、しかもそれは旧・ソヴィエト社会主義連邦共和国時代に連邦内だけで演奏されていたという改訂版、いわゆるシェバーリン版の「1812年」を聞くために買ったものなので、シェバーリン版でない普通の「1812年」のCDは持ってないのです。一応どんな曲か知ってはいるけれど、それほど聞きたい曲ではないのですね。
 ゴロヴァノフ盤の「1812年」は前述のとおりシェバーリン版による演奏で、ロシアがフランスに勝利を収めた場面にチャイコフスキーが挿入したロシア帝国国歌の旋律が別の旋律(グリンカの歌劇「イワン・スサーニン」からの旋律だそうです)に差し替えられています。さらにゴロヴァノフのテンポやダイナミクスの設定や変化は実に極端過激で、ほとんどスコアお構いなしの勝手放題だし、そんな指揮についていくオーケストラのアンサンブルも、ライブ録音のせいもあって随所で破綻しており、とても演奏のための参考音源にはなりません。
 それでも手元にはこれしかないので何回か繰り返し聞くうちに、その極端過激な勝手放題さにも「ああ、そういうつもりなのか」と何となく共感できるようになってきました。それどころか、もしもゴロヴァノフが、たとえばメンゲルベルクのコンセルトヘボウやトスカニーニのNBC響、ムラヴィンスキーのレニングラード・フィルみたいな、マエストロに絶対服従のヴィルトゥオーゾ・オケを振ったとしたら、ゴロヴァノフの「1812年」は超弩級の大名演と絶賛されていたかも知れないとまで思えるようになったのです。人間の適応力ってすごい!(笑)。
続きを読む >>
| オーケストラ活動と音楽のこと | 22:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH