<< 配達だより:03. 転ぶ | main | メグデンって誰? >>
アンダンテ・フェスティーヴォ(シベリウス)

 先日、所属オケの団内演奏会でシベリウスの「アンダンテ・フェスティーヴォ」(弦楽合奏版 JS 34b)を指揮する機会があり、一夜漬けとは言わず二夜漬けくらいの (^^;; にわか勉強をしました。それでもありがたいことに何がしか得られたものはあったので、自分用の備忘録的に書き留めておきます。

 

作品の成立
 とりあえず Wikipedia で調べたところによりますと、「アンダンテ・フェスティーヴォ」の弦楽四重奏版(JS 34a)はシベリウス57歳の1922年に作曲され、1930年にコントラバスを含む弦楽合奏(ティンパニを任意で加えることができる)用に編曲されたとのこと。弦楽四重奏版と弦楽合奏版は旋律・和声・構成等基本的に同一の音楽です。
 なお1924年に作曲されたピアノのための「5つの印象的小品」Op.103 の第1曲「村の教会」に「アンダンテ・フェスティーヴォ」の旋律が引用されています(後述)。

 

楽曲の構成
 全曲は81小節から成り、テンポの指示はありませんが曲名から Andante で演奏されることは明らかで、私が使ったスコアには演奏時間5分と表示されています。ト長調、2/2拍子で書かれており、曲中にテンポ変更の指示はなく、転調も途中4小節間だけ臨時記号で変ロ長調−イ長調に転調する以外はト長調−ホ短調という平行調間のそれに限られているのでシャープやフラットの増減もありません。全パートが同時にほぼ同じリズムで動くことが多く、和声的にもあまり複雑な和声や意表をついた進行は用いられていません。それらのことが相俟って、曲は全体に聖歌や賛美歌のような簡潔さと慎ましさをたたえており、フェスティーヴォ(祝祭的)という言葉から連想される華やかで浮き立つような感じは全くありません。前述のとおり「村の教会」というタイトルを持つピアノ曲に旋律が引用されていることから、むしろ宗教的なものが込められていると考えてよいのではないでしょうか。

旋律

 この曲には序奏旋律・旋律A・旋律B・コーダ旋律という4つの旋律が使われていて、序奏の旋律は旋律Aから派生したものと見られます。いずれの旋律もト長調で始まりホ短調で終った後にト長調のドミナントを経て次へ続きます。主要な旋律の全てが長調から短調への傾斜を持っていることがこの曲に独特の情緒と表情を与えています。また旋律はいずれもほとんど変奏・展開されずほぼ原形のまま繰り返されることも、この曲に聖歌や賛美歌のような性格をもたらしています。

 

序奏旋律
 序奏旋律はこの曲の性格を決定づける役割を担っています。冒頭の動きは旋律Aから派生したものでト長調で出ますが2小節目で早くもホ短調の翳りを帯び、その後に音階的な動きを経てホ短調で終止します。なお上に紹介した作品103の1「村の教会」の冒頭はこの序奏旋律の反行形で始まっています(ただしハ長調)。

 

旋律A
 私はこの旋律Aがこの曲の最も重要なテーマを表しており、それは「召命」であろうと考えます。「召命」はキリスト教において、神に召し出されて新たな使命を与えられることです。旋律Aの最初の2小節(練習番号Aから:16-17小節)が神からの「召命」の動機でト長調で明確に示されます。この動機はすぐにホ短調で meno(= meno f )で繰り返され(18-19小節)、召命を受けた人間(おそらくシベリウス自身も含まれる)の戸惑いと自分がそれに堪えるだろうかという迷いを表します。
 なおこの旋律Aは「村の教会」では(ハ長調で)ほぼそのとおり引用されていますが、曲はその後自由なパラフレーズに移り、「アンダンテ・フェスティーヴォ」の世界からは遠ざかっていきます。

 

旋律B
 旋律Bは他の旋律に比べて長く起伏に富んでいます。最初の4小節(練習番号Bから:28-31小節)は召命を受けた人間がこれに応えてなす努力と労作を表し、この4小節が3度下で繰り返されて力強く盛り上がると(32-35小節)、9小節め・10小節めで神を賛美する「ハレルヤ」が鳴り渡ります(36-37小節)が、続く2小節でまたすぐにホ短調に戻ってしまいます(38-39小節)。自分自身の労作が神の召命に堪えるかどうか、やはり確信が持てず疑念が晴れないのです。31小節が普通のトニカ(I の和音)ではなく第7音(ヴィオラの嬰ヘ)が加わった、コードネームでいうと Gmaj7 という和音が使われていることも、努力と労作のうちにもなお一抹の不安を宿していることを示しています。
 なお、この旋律Bは展開部をはさんで再現されます(練習番号Dから:52-63小節)。彼はなお怠りなく日々努めているのです。しかしまだ迷いを断ち切るには至らず、やはりホ短調へと傾いてしまいます(62-63小節)。
 しかしこの後旋律Aの再現が行われ、彼は再び神からの召命を思い起こす(練習番号Eから:64-65小節)。戸惑いと迷いはまだ晴れませんが(66-69の1拍め)、しかし彼は自分を選んで呼びかけた神への信頼に思い至るのです。

 

コーダ旋律
 コーダ旋律は音階を上下するだけの短く単純な旋律です(69小節の2拍め(譜例の「 以後)-72小節)が、この曲における信仰告白であり結論部分です。旋律の終止部分になお短調への傾斜を含むものの(72小節・76小節)この旋律は少しづつ音価を拡大し力強さを増しながら( poco a poco cresc. が8小節間有効)繰り返され、3度めには f から ff となりティンパニも加わって(ティンパニを加えるかどうかは任意ですが)80小節1拍めのト長調の完全終止で神の善き意思と全能に対する全面的な信頼に至り、テンポを落としながら80小節の2拍めと81小節のアーメン終止(それぞれの音符ごとに ff が書かれている!)で曲を閉じます。

 

 曲は以上の旋律に基きながら次のような構成を持っています。
【序奏】序奏旋律の提示と確保(1-15:15小節間)
  序奏旋律(1-7:7小節間)−序奏の旋律を dolce で確保(8-14:7小節間)−ドミナントでつなぎ(15:1小節間)
【提示部】旋律A及びBの提示と確保。ただし旋律Bは確保されない(16-39:24小節間)
  旋律A(16-21:6小節間)−旋律Aを dolce で確保(22-27:6小節間)
  旋律B(28-39:12小節間)
【展開部】序奏旋律による展開(40-47)に旋律Aの後半をつなぎ、旋律Bの再現を準備する(40-51:12小節間)
  序奏旋律の前半の再現(40-43:4小節間)−変ロ長調を経てイ長調へ転調(44-45:2小節間)−序奏の旋律の断片をイ長調で(46-47:2小節間)−旋律Aの後半を原調(ト長調)で(48-51:4小節間)
【再現部】旋律B・旋律Aの順で再現(52-69の1拍め:17小節半)
  旋律Bの再現(52-63:12小節間)−旋律Aの再現(64-69の1拍め:5小節半)
【コーダ】コーダ旋律を3回繰り返してアーメン終止(69の2拍め-81:12小節半)
  コーダ旋律(69の2拍めから72;3小節半)−コーダ旋律繰り返し(73-76:4小節間)−コーダ旋律繰り返し(77-80の1拍め:3小節半)−アーメン終止(80の2拍め-81:1小節半)

 

 私はソナタ形式が大好きなのでソナタ形式に基いて上記のようにアナリーゼしましたが、別のアナリーゼも可能かも知れません。ソナタ形式では一般に序奏主題、第一主題、第二主題、結尾主題のように「主題」という語を用いますが、この曲においては主題の展開ということは実質的には行われず、それぞれの旋律をほぼ原形のまま繰り返し、せいぜい切り貼りして用いているに過ぎません。しかも私は旋律を変奏・展開しないことがこの曲に聖歌・賛美歌的な相貌を与え、宗教的な内容を持たせる上で本質的に重要なことと思うので、ここではあえて変奏・展開を予期させる「主題」の語を避け、「旋律」と呼んでいます。

 

フェスティーヴォとは
 このように迷いと苦悩の末に神への全き信頼に目覚めたというそのことの尊さと喜び、そしてそれへの感謝と感動は、彼にとって祝祭でなくて何だろうか。この曲に与えられた「アンダンテ・フェスティーヴォ(祝祭アンダンテ)」というタイトルのフェスティーヴォ(祝祭)とは彼の内心におけるものである。他人には窺い知れずまた知られる必要もない、彼が心底から確かに感じた恩寵と祝福を寿ぐ、彼自身の祝祭である。慣習的・儀礼的なそれとは違って、彼が神の恩寵と祝福を感じるたびに、彼はいつでもどこでも何度でもこの祝祭を執り行うことができる。その祝祭の感動と、さらにいつかは万人が彼ら自身に与えられている恩寵と祝福を見出してそれを寿ぐべきであるという思いが、シベリウスにこの曲を書かせフェスティーヴォの語を冠らしめた・・・というのが、今回の私の妄想でございます。

 

その他あれこれ

  • スコアの標準演奏時間は5分ですが、シベリウス自身の録音と言われるものは約6分のものと約7分のものが残されています(7分のものは別人の演奏という説もあるらしい)。逆に速いものは3分台後半のものもあります。私自身のテンポはほぼ4分台後半くらいになるかと思います。
  • 曲中にテンポ変更の指示はありませんが、f assai と指示されている旋律Bはそれ自体動きのある旋律でもあり、ハレルヤの部分も含めて生き生きと作りたいので un poco più mosso としたい。逆に64小節からの召命の旋律Aの再現(むしろ回想)とそれに続くコーダは一段重心を低くしてしっかり作りたい。63小節についているテヌートを利用して流れを調整できると思います。
  • コーダの poco a poco cresc. は漠然とあるいは機械的に均等にするのではなく、コーダ旋律1回め、2回め、3回め( f の指定がある)のそれぞれが前より大きくなっているのがわかるように作りたい。階段状に作るのもアリか。
  • 40小節のVc., 48小節のVc., 52小節のVa., 69小節のVa., 79小節の1Vn. などの前打音は拍の前に出して時間を使ってはっきり作りたい。

 

 先日の演奏ではこのとおりにはできませんでしたが、私のアンダンテ・フェスティーヴォは今のところ上のとおりです。

| オーケストラ活動と音楽のこと | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hoch.jugem.jp/trackback/846
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 最近読んだ本:『新編 日本思想史研究 村岡典嗣論文選』(村岡典嗣著 前田勉編 2004 平凡社 東洋文庫726)
    ほーほ (07/02)
  • 最近読んだ本:『新編 日本思想史研究 村岡典嗣論文選』(村岡典嗣著 前田勉編 2004 平凡社 東洋文庫726)
    古賀達也 (07/01)
  • 自転車で行った栄・小田集落
    ほーほ (04/22)
  • 自転車で行った栄・小田集落
    あい (04/21)
  • 配達だより:01. キジ
    ほーほ (04/19)
  • 配達だより:01. キジ
    とらのすけ (04/17)
  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    ほーほ (03/04)
  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    gomuboatの釣り人 (03/04)
  • 2014年2月奈良行き 7.登美ヶ丘から大阪経由東京へ エピローグ
    ほーほ (12/22)
  • 2014年2月奈良行き 7.登美ヶ丘から大阪経由東京へ エピローグ
    AK (12/16)

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH