<< 最近読んだ本:『日本人の音楽教育』(ロナルド・カヴァイエ 西山志風(にしやま・しふ) 1987 新潮選書) | main | 最近読んだ本:『山の思想史』(三田博雄・著 1973 岩波新書(青版)860 F104) >>
アーノンクールのブルックナー交響曲第5番と校訂報告
 ニコラウス・アーノンクールがウィーン・フィルを振って2004年に録音したブルックナーの交響曲第5番のCDを買ったのは数年前で、その時に一度聞いていたはずですが、最近改めて聞き直してみたところショッキングな事実に気づきました。学者肌のアーノンクールのことですから当然原典版(この曲の場合ノヴァーク版はハース版の誤植を訂正した程度で事実上同一なので、両方まとめて「原典版」とします)を使用しているだろうのに、驚いたことに第二楽章の終わり方が原典版ではなく改訂版の終わり方になっている!うーむ、買った時にちゃんと聞いていればその場ですぐ気づいたはずだが・・・どうやらいい加減に聞いていたようです。いけませんね!
<おそらく日本語解説のついた国内盤もあるのでしょうが、私のは価格重視の輸入盤(こっちの方が安かった)。82876 60749 2 (RCA/BMG)。2枚組ですが2枚目はリハーサルを収録しています。お客が入っていないムジークフェライン・ザールでのリハーサルは残響が長くて、ちょっと教会みたいな音がしています。この響き、いいなぁ。本番の方はライブ(ただし編集してある)でお客が普通に入っているので、ここまでの残響はない。>

<左の譜例は原典版の第二楽章の終わり。赤枠で囲ったのは上からフルート、オーボエ、クラリネット。右の譜例は同じ箇所の改訂版のフルート、オーボエ、クラリネット。楽器が3種類なのに譜面が4段になっているのはフルートで上2段を使っているからです。耳で聞いて両者の違いが一番わかりやすいのは一番上の段のフルートで、左の原典版では |たーらら|たらら(休)|(全休)|なのに、右の改訂版では |たーらら」たーーら|らーーー|と吹く長さが伸びてるし音の高さも違います。アーノンクールのCDのこの部分はほぼ右側でした。>
 
 CDの表示を確かめてみると、「Score and revision report edited by Robert Haas (1935) & Leopold Nowak (score corr. 1951 & 1989, revisions 1985), Complete Critical Edition of the Works of Anton Bruckner, Vienna(ロベルト・ハースとレオポルト・ノヴァークによるブルックナーの原典版全集のスコア(1951&1989)及び校訂報告(1985)に基く)」と表示されていて、要するに原典版によっていると言ってます。にもかかわらず第二楽章の終わり方が改訂版と同じというのはいったいどういうことなのか?

 そこでCD付属の解説書を読んでみると、どうやらアーノンクールはCDの表示にあるとおり、原典版のスコアだけでなく校訂報告もしっかり読んで、その中に報告されているオーストリア国立図書館所蔵の筆写スコア(文書番号36.693;以下「36.693」という)にブルックナー自身が加えた修正をこの演奏に取り入れているのだそうです。うーむ、アーノンクールらしいなあ。
<左の図版はブルックナーが36.693に加えた修正。一番上からフルート、オーボエ、クラリネット。修正前は前に出した譜例の原典版のとおりですが、修正後は譜例の改訂版に近くなっている(ただし最後の小節のフルートが短く切れているのと、オーボエがずっと休んでいるのが改訂版とは違う)ことがわかります。この図版はCDの解説書にも出ていますが、ここには校訂報告からとりました。右の図版は修正後の形を示したもので、アーノンクールはこの形で演奏していたのです。>

 この校訂報告はCDの表示にもあるとおり1985年に出版されたもので、ウチではたまたま何年か前に買ったまま積ん読状態になっていた(だってドイツ語なんだもん ^^;;)ので、よっこらしょと取り出して見てみると、この36.693というのは写譜屋さんが写譜したスコアにブルックナーが鉛筆で修正を書き込んでいるもので、レオポルト・ノヴァークはこの書き込みが1877年から1887年の間になされたものと推定しています(p.79)。ということは、ハース版(1935年)及びノヴァーク版スコア(1951年)が準拠した「ブルックナーの第5交響曲のこれまで知られている唯一の自筆原稿(オーストリア国立図書館音楽コレクション, Cod. 19.477)」(ノヴァーク版スコア(1951)の「序文」より;音楽之友社版の大崎滋生氏訳(p.iv)による)が完成されたのが1878年1月4日ですから、それよりもこの36.639の方がブルックナー自身の最終意思 der letzte Wille を反映していると見られます。
 ではなぜこの36.693がハース版(1935年)及びノヴァーク版(1951年)のスコアに反映されなかったのかというと、ハースもノヴァークもスコア作成の時点で36.693の存在を知らなかったかららしい。まずロベルト・ハースについてはノヴァークが校訂報告に「Die BRGA konnte ihn nur in seiner früheren Form drucken, weil Haas die Hs. 36.693 nicht gekannt hat. ブルックナー全集はこれ(第二楽章の最後3小節)を初期の形(現行スコアの形)でしか示せなかったが、それはハースが36.693を知らなかったからだ。(p.80。上に掲げた修正部分の図版の譜面の上にあるドイツ語がそれ)」と書いています。また上記のノヴァーク版スコア(1951年)の「序文」には「この2度目の刊行のためにスコアはいま一度自筆原稿と照らし合わされたが、それによって若干のささいな誤りを訂正することができた。」とだけあって36.693には全く言及していないことから、ノヴァーク自身もこの時点ではまだ36.693の存在を知らなかったか、知っていたとしてもその内容の評価を終えていなかったことがうかがわれます。つまりこの36.693は、1985年にノヴァーク版の校訂報告が出版されるまで、研究者や演奏家には知られていなかったようなのです。
<写真はノヴァーク版交響曲第5番の校訂報告 Revisionsbericht。古くからの(?)ブルックナー・ファンにはお馴染みのノヴァーク版のスコアと全く同じ大きさと装丁で、ただ曲名の下に Revisionsbericht と小さく書いてある点だけが違います。紛らわしいなあ(笑)。幸い背表紙はこの Revisionsbericht の字が目立つので、本棚から取り出すときは多少わかりやすいですが。>

 しかしその36.693の存在を早くから知っていたと思われる人物がいました。上記の改訂版を作ったフランツ・シャルクがその人です。指揮者であったフランツ・シャルクは兄でピアニストのヨーゼフ・シャルクとともにブルックナーの弟子で、師の作品を世に出すために献身的に尽力した人です。彼はこの交響曲第5番を1894年4月9日にオーストリアのグラーツで、演奏効果を上げるために自ら改訂したスコア=改訂版を使って初演しています。
  ただこの曲に関しては兄のヨーゼフ・シャルクの方が早く取り組んでいました。ヨーゼフは弟による初演の7年前の1887年初め頃からこの曲のピアノ2台用への編曲にとりかかり、同年4月20日にウィーンのベーゼンドルファー・ザールで行われた演奏会で、フランツ・ツォトマンとともにこの編曲版を演奏したのです。ところで上記のノヴァークの36.693の成立時期に関する推定が正しければ、このピアノ2台用編曲が行われている時点で、既に36.693が存在していた可能性があることになります。しかし私はこの編曲版を見ていないので、この編曲の元になったのが36.693だったのか、あるいはハース版≒ノヴァーク版(1951)の元になった上記の自筆原稿 Cod. 19.477(以下「19.477」という)だったのかは、今のところは不明としておきます。なおノヴァークは校訂報告の中で、36.693の書き込みはこのピアノ2台用編曲のために行われたのではないと言っています(p.79)。
 一方弟のフランツは1892年頃から第5番の初演の準備を始めたようで、校訂報告の年譜によると、1892年7月14日付でヨーゼフに宛てた手紙に「『第5』の Arbeit(仕事)は、大変ゆっくりではあるが進んでいます。今ちょうど第一楽章の最後のところです。」(p.69)と書いています。この Arbeit とは何か、おそらくは初演のためのスコア、つまり改訂版の作成を指しているのではないか、そしてこの時に彼が見ていたのがおそらく36.693だったと思われます。上述のとおりノヴァークの推定が正しければ36.693はこの5年前の1887年には今の形で存在していたのですし、初演のためにスコアを借りるのであれば、その時点で最新のものを借りるのが自然だからです。そしてこの36.693の存在が明らかになったことで、これまでフランツ・シャルクによる改訂と思われてきた第二楽章の終わり方が、実はブルックナー自身の修正によるものであったことが判明したわけです。
 もっとも上に示した譜例・図版で改訂版と36.693を改めて見比べてみると、まずスラーのかかり方が違う(実際には36.693のスラーは19.477のままで全く修正されていないため、ブルックナーが意図したフレージングは厳密には不明)のと、フルートが36.693では最後の小節の1拍めで終わってるのに、改訂版ではフェルマータで伸ばされています。これらの差異が実際のフランツ・シャルクの Arbeit の成果ということになるのでしょう。
 なお、この文章の冒頭にアーノンクールのこの部分の演奏について「改訂版の終わり方になっている!」と書きましたが、これは正確ではなく、もちろんアーノンクールは校訂報告の36.693のとおりフルートもちゃんと1拍で切っています。ただ私がこの部分に初めて気づいたときにはまだCDの解説も読んでなかったので、「え、これ改訂版やん!」と思い込んでしまったのです。冒頭にはその感動(?)をそのまま書いてみました。どうか許されて〜 (^^;;
 というわけで、このアーノンクール盤はノヴァーク版の校訂報告で初めて報告された36.693を実際に音にした、おそらく最初の録音であろうと思われます。

 原典版全集には校訂に使用した資料(自筆スコア、筆写譜、作曲者が立ち会った演奏に使われたパート譜、出版譜等)や資料相互間の関連・異同等を示した校訂報告がスコアと一緒に出版されるのが普通で、身近なところではベーレンライター社のベートーヴェンの交響曲全曲(Jonathan Del Mar校訂)にも各曲ごとに別冊の校訂報告 Critical Commentary が出ていますし、同じくベーレンライター社のモーツァルト全集(NMA:Neue Mozart Ausgabe)はスコア、校訂報告ともオンラインで一般公開しています。一般的に言って、原典版を使用するにはこれらの校訂報告は不可欠で、それは奏者が原典版が提供しているテクストに加えて校訂報告の情報を勘案し、自分が実際に演奏するテクストを定める手続きが必要な場合が多いからです。上記のベートーヴェンやモーツァルトの全集の場合は、原典版としてと同時に実用版としての配慮も相当程度なされていて、曲によっては提供されているテクストをそのまま演奏しても一応形になるくらいにまで整備されていることもありますが、私の経験では、たとえばベートーヴェンの交響曲第8番のテクストはダッシュ(くさび点)の付き方等に問題があり、演奏者の判断による手入れが必要です。
 ブルックナー全集の場合は、ハース版(第一次全集または旧全集)の校訂報告は交響曲第5番やミサ・ソレムニスについては出版されたようですが、その出版は1945年以前でありハース版自体が絶版となっているため、今日それらを見る機会はほとんどありません。ただしこれらの曲のハース版の校訂報告はノヴァーク版(第二次全集または新全集)の校訂報告にそっくりそのまま組み入れられて、ノヴァーク版校訂報告の基礎資料となっています。一方ノヴァーク版の校訂報告はまだ全曲分が出揃っておらず、現時点で交響曲では1番・2番・4番が未刊ですし、その他の大曲でも「テ・デウム」やミサ曲ホ短調などが未刊です。校訂報告がスコアの出版よりも大幅に遅れて作成・出版されるのは一般的にはよろしくないことですが、ブルックナー全集の場合はこの5番の場合のように、スコア出版以後の研究の進展による新知見が盛り込まれたりするので特に要チェックです。たとえば2003年に出版された交響曲第7番の校訂報告にも「Zusammenfassung der Nachträge und Berichtigungen zur Partitur, GA Band VII (verbesserte Auflage 1995):全集第VII巻のスコア(1995年改訂版)への補足と訂正の概要」(pp. 48-52)という項目があり、そこには総数100件以上の補足・訂正情報が列挙されています。その多くは1954 / 1995年出版のノヴァーク版スコアに含まれている誤りの訂正・補足ですが、中には音そのものの変更に関する(つまり実際に出る音が変わる)ものも若干含まれています。

<ノヴァーク版交響曲第7番の校訂報告中の「全集第VII巻スコアへの補足と訂正の概要」の一部。こんな調子でびっしりと4ページ強にわたって書かれております。その大半は漸強や漸弱を表すヘアピンやスラーの始まり・終わりの位置の修正や点・くさび点の欠落の補充(これらは他のパートの状況などから指揮者が気づいて直せることも多い)、あるいはスコア単独の単純な誤植の訂正等で、これらは結果として実演への影響は(ほとんど)ありませんが、上述のとおり実演の音に影響するものも若干あり、それらのうちのいくつかは私が所属する土浦交響楽団が2014年5月にこの曲を演奏した際に採用しました。>

  これらの新知見や訂正・補足はその後に出版される版に反映されるはずですので、校訂報告や最新のスコアにぬかりなく目を配っている演奏家は、今回取り上げたアーノンクールの5番のように「おおっ、これは!?」という目覚ましい演奏を行えることになるわけで、聞く側としてもそれをきっかけに勉強させていただけるという、これは大変けっこうなことですね。
| オーケストラ活動と音楽のこと | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hoch.jugem.jp/trackback/836
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH