<< 最近読んだ本:『丸山眞男を読む』(間宮陽介 2014 岩波現代文庫 学術319) | main | ブラームスのセレナーデ17枚+2枚を聞く 01. ハインツ・ボンガルツ指揮ドレスデン・フィルハーモニー >>
駒込天祖神社で茅の輪くぐり
 6月27日(土)のお昼頃、所属している某オーケストラの室内楽演奏会を聞くために、JR駒込駅から本郷通りを歩いて文京区駒込地域活動センターへ向かっていたところ、左(北)側へ入る通りに「天祖神社入口」という石の道標と「夏越大祓」(なごしのおおはらえ)の幟(のぼり)が立っているのに気づきました(左写真)。
  私は出先で神社を見つけると、できるだけお参りすることにしています。この日もまだ時間があったので、早速この道へ入りました。夏越大祓といえば6月30日の茅の輪くぐりですが、こちらの神社では融通を利かせて、直近の週末であるこの日にも間に合わせていただいているようです(神主様が立ち会ってのお祓いは翌日28日の午後4時からだったらしい)。出不精な私はこれまで6月30日に神社に出向いて茅の輪をくぐったことがない(今日だって家にいてこの記事書いてるし・・・)ので、思わぬところで茅の輪くぐりを初体験することになりました。

 この道へ入るとすぐの角に「旧町名案内」という看板が立っています(右写真)。このあたりは昭和41(1966)年まで「駒込神明町(こまごめしんめいちょう)」だったとのことで、町名の説明文と旧町域図が出ています。以下、説明文を転記します。なお[ ]内は説明文にあるフリガナです。

旧 駒込神明[こまごめしんめい]町
      (昭和41年までの町名)

 もと、北豊島郡駒込村の内であった。明治24年、旧神明原の大部分、本村、本村下、富士裏[ふじうら]、丸山、丸山下の地を東京市に編入して一町とした。
 町名は、神明社[しんめいしゃ](現・天祖[てんそ]神社)の所在地であるところから神明町とした。
 文治[ぶんじ]5年(1189)源頼朝[みなもとのよりとも]が奥羽征討の途中、夢にお告げを聞き探させたところ、大麻[たいま](伊勢神宮のおふだ)がかかっていた。頼朝は喜びここに神明社を建てたという。
 古川柳[こせんりゅう]に“駒込は一富士二鷹三茄子[なすび]”という句がある。富士神社、鷹匠[たかじょう]屋敷と富士裏(富士神社裏)のなすの駒込の名物がうたいこまれている。

 説明文は以上です。説明文の隣の地図(左写真)を見ると、今通っているこの道が区立第九中学校の前を通って天祖神社の正面に至る、いわば参道であることがわかります。なるほど道沿いに「夏越大祓」の幟が立ち並んでいました。
 
  やがて天祖神社の鳥居の前に着きました。鳥居の右手に「駒籠鎮守 天祖神社 大教正宗演敬(?)書」と彫った大きな石と、文京区教育委員会が昭和63(1988)年に設置した説明板があります(右写真)。以下、説明板の文章を転載します。なお[ ]内は説明文にあるフリガナです。

天祖神社 (本駒込3-40-1)

 江戸時代、駒込の氏神として、神明さまと呼ばれ、里人に親しまれてきた。社伝によると、文治5年(1189)源頼朝が奥羽征討(藤原泰衡[やすひら]追討)の途中、この地に立ち寄り、夢のお告げで、松の枝に大麻[たいま](伊勢神宮のおふだ)がかかっているのを見つけた。頼朝は、征討のよい前触れと喜び、この地に神明(天照大神[あまてらすおおみかみ])を祭ったのが、この神社の起源といわれる。社殿の様式は、神明造り。
 大麻のかかっていた大木は、神木として崇[あが]められ、さしわたし4尺(1.2m)もある大木と伝えられている。(『江戸砂子』から)
 その後、宮守りもなく神木の根元に小さな祠[ほこら]を残すだけとなったが、1650年頃、堀丹後守利直によって再興された。神木は、その後枯れたという。
 社殿の裏に、都立駒込病院あたりにあった「鷹匠[たかしょう]組」の寄進名が刻まれた石柱が、いまも残る。

―郷土愛をはぐくむ 文化財―
東京都文京区教育委員会 昭和63年3月

以上です。

 境内に入ると鬱蒼と茂ったいちょう並木の奥に茅の輪と社殿が見えます(左写真)。土曜日のお昼時とあって、お参りする人は私の前と後にお一人だけ。まだセミも鳴き始めず、とても静かで落ち着いた、森厳の気の漂う空間でした。

 社殿は千木(ちぎ)と堅魚木(かつおぎ)を上げた神明造りです(右写真)が、建物自体は新しい耐火建築のようです。それもそのはず、堀丹後守利直が慶安年間に再興した社殿は昭和20(1945)年2月25日の空襲で残らず焼失し、現在の社殿は昭和29(1954)年に新築されたものだそうです。


 茅の輪にくぐり方の決まりがあることも初めて知りました。緊張〜!。

 そんなわけで、まったく偶然に、何の心の準備もなく茅の輪をくぐってしまいましたが、果たして今年の後半はいかに?!

 
| 地域とくらし、旅 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hoch.jugem.jp/trackback/811
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH