<< 最近読んだ本《再読》:『『ハンナ・アーレント 「戦争の世紀」を生きた政治哲学者』(矢野久美子 2014 中公新書2257)』 | main | DECCA SOUND MONO YEARS 1944-1956 を聞く 00. セット紹介 >>
リヒャルト・シュトラウスのオペラ全集を聞く:3.サロメ
 本ブログへの書き込みが1か月半ほど空いてしまいました。これには訳がありまして、DECCA SOUND MONO YEARS 1944-1956 という全53枚のボックスセットを1日1枚以上聞いて感想をアップするという、いささか無謀なプロジェクトを Facebook の方でやっていたせいなのです。このプロジェクト、最初のうちは聞いた感想をちょろっと短く書いただけでしたが、自分が持っているCDやLPとほとんどダブらないという理由でこのセットを買っただけあって、聞き進むにつれて知らない作曲家や知らない作品や知らない演奏家が次々と出てきて、結局はけっこうな調べ物をするはめになりました。そのせっかく調べて書いたものが Facebook の中に埋もれてしまうのも悔しいので、いずれ改めてこちらのブログに転載するつもりです。

 さて、本題です。本ブログ上で粛々と(笑)進められている「リヒャルト・シュトラウスのオペラ全集を聞く」プロジェクト。ドイツ・グラモフォンから発売されたボックスセット RICHARD STRAUSS COMPLETE OPERAS に収められたリヒャルトのオペラ全15作を作曲順に聞いて行こうというこのプロジェクト(ベースノートはこちら)が第1作「グントラム」でスタートしたのが昨年の3月のこと。そして昨年の11月に第2作の「火の危機(火の消えた街)」を聞きました。この2作はリヒャルトのオペラの中で上演されたり聞かれたりすることがあまり多くないもので、歌詞の対訳が入手できず(ボックスセットのブックレットにはそれぞれのオペラの「あらすじ」しか載っていない)、さらにどういう作品かを調べたりするのに手間取り、間が空いてしまいました。第3作の「サロメ」以降はよく知られた作品も多く歌詞対訳の入手も易しいため、プロジェクトの加速が期待されるのですが、今回も前回から半年近く空いてしまった・・・いけませんね。今後改善に努めます。

 それでは今回聞いた「サロメ」のプロフィールをCDのブックレットによって紹介しましょう。

サロメ Salome Op,54
オスカー・ワイルドの同名の劇による一幕の楽劇 Musikdrama
台本:オスカー・ワイルド Oscar Wilde
   ヘトヴィヒ・ラハマン Hedwig Lachmann のドイツ語訳による
作曲年:1903-1905年
初演:1905年12月9日 ドレスデン宮廷劇場 エルンスト・フォン・シュフ指揮
 リヒャルト・シュトラウスの出世作にして代表作の一つでもあるこのオペラについては、ネット上にあらすじを始めさまざまな情報もあり歌詞対訳もあるので、作品の紹介は省略し、ブックレットに載っていた次の2つのエピソードだけ紹介しておきましょう。

 1905年の聖金曜日(復活祭前の金曜日、3月末から4月の始め)にコジマ・ワーグナー(リヒャルト・ワーグナーの未亡人)が、「サロメ」がどんな作品なのかちょっと聞かせてほしいとシュトラウスに頼んだ。シュトラウスはしぶしぶながら承知して、ピアノで最後の場面を弾いて聞かせた。バイロイトの未亡人は震え上がった。「狂ってる!完全に狂ってるわ!」

 初演では当時ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」のイゾルデ役で有名だったマリー・ヴィティッヒがサロメを歌うことになった。シュトラウスが主役のサロメを「イゾルデの声を持つ16歳の王女」と表現したからだ。彼女はリハーサルの初日に自分の演技の内容を聞いて愕然とし、「7つのヴェールの踊り」や切断されたヨハネの首への接吻を「絶対やりません、私はまともな女ですから!」と断固拒否した。結局「7つのヴェールの踊り」は代役のダンサーが踊った。

 演奏者と録音データは次のとおりです。

ヘロデ(ガリレアとペレアの領主):ホルスト・ヒースターマン(T)
ヘロディアス(ヘロデの妻):レオニー・リザネク(Ms)
サロメ(ヘロディアスの娘):シェリル・ステューダー(S)
ヨカナーン(預言者、バプテスマのヨハネ):ブリン・テルフェル(Br)
ナラボート(若いシリア人、衛兵長):クレメンス・ビーバー(T)
ヘロディアスの小姓:マリアンヌ・レルホルム(A)
第一のユダヤ人:ウヴェ・ペパー(T)
第二のユダヤ人:カール=エルンスト・メルカー(T)
第三のユダヤ人:ペーター・マウス(T)
第四のユダヤ人:ワレン・モク(T)
第五のユダヤ人:マンフレート・レール(B)
第一のナザレ人:フリードリヒ・モルスベルガー(T)
第二のナザレ人:ラルフ・ルーカス(B)
第一の兵士:ウィリアム・マレイ(B)
第二の兵士:ベングト・ルンドグレン(B)
カッパドキア人:クラウス・ラング(B)
奴隷:エイメー・ウィリス(S)

ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団
指揮:ジュセッペ・シノーポリ
録音:ベルリン イエス・キリスト教会 1990年12月

 シノーポリという人の演奏を聞くのは初めてです。100人以上の奏者を要するリヒャルト・シュトラウスの大規模で複雑なオーケストレーションをすっきりと聞かせ、大音量の箇所でも余計な力を抜いてよく通るきれいな音で鳴らす人だと思いました。実は「サロメ」は以前に一度だけ、ショルティ指揮ウィーン・フィルの演奏で聞いたことがあります。今では漠然とした印象しか残っていませんが、幸いショルティの演奏は YouTube に上がっている(しかも対訳付き!)ので、時間を取って両方を聞き比べればそれぞれの演奏の特徴があぶり出されてくることでしょう・・・(と言うだけ言ってやらないヤツ ^^;;
 このオペラに含まれる「7つのヴェールの踊り」はこれまで単独の曲としてしか聞いたことがなく、「ふーん」と思うくらいで大した感慨もありませんでしたが、ストーリーの流れの中で聞くと「なるほど、そういうことか」と納得できますね。以前ワーグナーの「ニーベルングの指輪」を通して聞いたとき、それまでは単独で聞いても「うぉーかっこええー!」くらいにしか感じなかった「ヴァルキューレの騎行」に感動して思わず涙してしまったのと同じようなものか。それと、この前にあるヘロデとサロメのやり取りを実際の舞台で見たいです。このCDではヘロデがサロメに酒や果物を勧めるその部分だけが唐突に19世紀末のウィーンの雰囲気になるのです。そんなものですかね?それともこれは指揮者シノーポリのタクラミなのか?
 サロメは16歳の少女であると同時に「お前(ヘロディアス)の娘は化け物だ!」とヘロデを戦慄させる魔性の女でもあり、それを一つのスペクトラムの両端とすると、ここでサロメを歌っているシェリル・ステューダーはどちらかというと16歳の少女側に寄った歌唱を聞かせているように感じられ、「二兎を追う者は一兎をも得ず」に陥らない、焦点の定まったサロメ像を提示した立派な歌唱でした。敢えて言えばドイツ語の子音の立ち上げがもっと鋭いといいんだが・・・高音の部分ではある程度仕方ないけれど、セリフ調の部分でときどき何を言ってるのか歌詞が聞き取りにくかったのが残念。ヘロデを歌ったホルスト・ヒースターマンも、好色で器の小さい領主の人物像をはっきりと表現した歌唱で好演でした。

 次は第4作「エレクトラ」。これもシュトラウスの代表作の一つで歌詞対訳もネットに上がっていますから、曲の紹介だ何だで時間を取られることもないだろうと思っています。ペース上げていこう!
| リヒャルト・シュトラウスのオペラ全集を聞く | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hoch.jugem.jp/trackback/748
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH