<< つくば道から旧筑波山郵便局へ(2) | main | 500円で買った Nikomat FTN >>
国立で花見2014
 毎年恒例の高校の同級生との準クラス会とも言えそうな国立での花見。今年も4月5日(土)に行われました。

 ちょっと早めに午前10時半ごろ到着した国立駅前は、桜は満開、お天気は晴れて微風の絶好のお花見日和。大学通りの歩道橋近くのいつもの場所に行く前に、私は国立駅北口の旧・国立楽器北口本店に立ち寄って写真を撮りました。
 国立楽器はもともと国立音楽大学の収益部門として昭和28(1953)年に設立されたそうで、私が高校に通っていた頃は富士見通りにお店があり、レコード(当時はLP)や楽譜を探しによく立ち寄ったものです。旧・北口本店は、私が高校を卒業した翌年の1980年に建設され、コンサートフロア(ホール)もある2階建ての立派な建物ですが、その後進んだ少子化や不況による音楽離れのために運営が苦しくなったようで、2010年8月には国立駅南口の大学通り沿いに本店を移転しました。そして今年の3月15日、国立楽器は閉店・事業停止となってしまったのです。これにはびっくりしましたね。私と国立とを結ぶものがまた一つなくなってしまいました。
クリックで拡大クリックで拡大  旧・北口本店は今も空き家のまま(左写真)で、入り口には「北口本店 店舗移転のご案内」という紙が貼られたままになっています(右写真)。その「ご案内」の一節に「北口本店は駅前がまだ雑木林だった1980年に建設され、約30年にわたり皆様にご利用いただいてまいりました。」とあるのも懐かしく、事業停止のために旧・北口本店の建物が譲渡か撤去かされてこの「ご案内」が見られなくなってしまう前に、写真だけでも撮っておこうと思ったのです。
 なお国立楽器がここから本店を移転した先の国立駅南口のポポロビルには、今は「音楽の森 .K」という音楽教室が入っています。「音楽の森」は国立楽器が使っていたキャッチコピーなので、それと何か関係があるのかな?・・・想像ですが。

 さて、再び南口へ出て大学通りを南へ。一橋大を過ぎ郵便ポストを過ぎ、地元在住の幹事さんが確保していてくれたいつもの場所へ。私の前に一人来ていて、私の後にもう一人来て、まあそのうち集まってくるだろうからぼちぼち始めてようか、とビールで始めていると空が暗くなってきて、そのうちぽつりぽつりと降ってきました。

クリックで拡大<左:国立駅南口のロータリー。なおこの日のカメラは LUMIX GF2 でレンズは G VARIO 14mm-45mm(35mm換算で28mm-90mm)f3.5-5.6 のズームレンズと先ごろ購入した OLYMPUS LENS 9mm f8 FISHEYE(ボディキャップレンズ)。このオリンパスの対角魚眼というか超広角というかは今回大活躍でした。>

クリックで拡大<右:同じく国立駅前南口。この後駅前のビルの1階に店を出している古書店をちょっとのぞいてみました。食指が動くものがなかったわけではありませんが、実は先週の金曜日につちうら古書倶楽部さんの古本市でだいぶ買ってしまったのでここは見送りました。この頃は雨の気配など毛ほどもありません。>

クリックで拡大<左:一橋大学前の桜。大学通りには基本的にソメイヨシノとイチョウが1本おきに植わっていますが、大学周辺はそれ以外にいろいろな種類の桜があって彩り豊かです。>

クリックで拡大<右:一橋大学前の枝垂桜とタテカン(立て看板)。以前は学生運動のスローガンや時事問題に対する主張を独特の書体でデカデカと書いたタテカンを見かけましたが、このところはもっぱら部員勧誘のものばかりのようです。これも時代の流れというものでしょう。>

クリックで拡大<左:一橋大学を過ぎてしばらくの交差点の角にある丸い赤ポスト。昭和なレトロ感を醸し出す小道具としてオブジェ的に置いてあるのを見かけたりもしますが、ここのは立派に現役で、このとおりちゃんと利用者もいます。>

クリックで拡大<右:毎年お花見の目印になっている木。だいぶ老木で、横に張っていた枝はいつか切られてしまいましたが、まだまだいっぱい花をつけてくれます。これを撮ったのがほぼ正午ですが、この頃から次第に空が暗くなり始め、「あれれ?」という感じになってきております・・・>
 
クリックで拡大 雨ったってお花見はまだ始まったばかりだし、これから来る参加者もまだまだいるので、毎年幹事さんが用意してくれている小さなテント(左写真)に3人で立てこもってぼちぼち飲んでいると、どうも外の様子がおかしい・・・やや、これ雨じゃないよ、雹だ!大きさは数ミリ程度ですが、間違いなく氷の粒です。高校卒業以来35年間この同級生とのお花見を続けているうちには、雨に降られたことはあったけど、雹は初めてだなあ、雹は。

クリックで拡大  そうこうするうちに人数も増えてきたので、地元幹事さんが大きいテントを持ってきてくれました。小テントの隣に増設しそちらへ移って続けているうちに、幸いなことに雨が上がって晴れてきて、ようやくいつものようなお花見になりました。

クリックで拡大  この高校の同級生とのお花見を35年続けているうちには、子供世代が大勢参加した時期もありましたが、今年は子供の参加者は一名のみ。次のブームは孫連れか?
 ところで私はというと、カメラに集合写真は残っているものの撮ったのも撮られたのも記憶になく、どこかで転んだらしく左の膝は痛いし、知らないうちにスイーツの名店レ・アントルメ国立のチョコレート持ってるし(お店の手提げ袋に入ってるからちゃんと買ったんだとは思う(汗))・・・全くいつまでこんなことやってられるのかね(苦笑)。
| 地域とくらし、旅 | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hoch.jugem.jp/trackback/686
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 最近読んだ本:『新編 日本思想史研究 村岡典嗣論文選』(村岡典嗣著 前田勉編 2004 平凡社 東洋文庫726)
    ほーほ (07/02)
  • 最近読んだ本:『新編 日本思想史研究 村岡典嗣論文選』(村岡典嗣著 前田勉編 2004 平凡社 東洋文庫726)
    古賀達也 (07/01)
  • 自転車で行った栄・小田集落
    ほーほ (04/22)
  • 自転車で行った栄・小田集落
    あい (04/21)
  • 配達だより:01. キジ
    ほーほ (04/19)
  • 配達だより:01. キジ
    とらのすけ (04/17)
  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    ほーほ (03/04)
  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    gomuboatの釣り人 (03/04)
  • 2014年2月奈良行き 7.登美ヶ丘から大阪経由東京へ エピローグ
    ほーほ (12/22)
  • 2014年2月奈良行き 7.登美ヶ丘から大阪経由東京へ エピローグ
    AK (12/16)

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH