<< 2014年2月奈良行き 7.登美ヶ丘から大阪経由東京へ エピローグ | main | リヒャルト・シュトラウスのオペラ全集CD >>
ほーほ号のフロントディレイラー取り外し
 自転車の変速とは、ペダルに付いているギアと後輪に付いているギアの間のギア比を変えることです。ギア比を変えることによってスピードは出ないが軽くこげたり(ローギア)、こぐには力がいるがスピードが出たり(トップギア)します。この変速段数は自転車によって違いますが、おおむね2、3段から5、6段程度のものと、10段以上の変速ができるものの二つのタイプに分けることができます。変速段数が一桁のものは後輪側に複数枚のギアが付いていてそれを切り替えるものです。二桁のものになると後輪側とペダル側にそれぞれ複数枚のギアが付いていて、それぞれを独立して切り替える仕組みになっています。たとえば後輪側に6枚、ペダル側に3枚のギアが付いていると 6×3=18 段の変速ができることになります。しかし例えばペダル側を一番ローギアにして後輪側をトップギアに入れる組み合わせ(またはその逆)などは、組み合わせ自体にあまり意味がないし、チェーンがペダル側は一番外側で後輪側が一番内側(またはその逆)に斜めにかかることになり、そのためチェーンに横向きの力がかかって傷むので、18段すべてが等しく実用になるわけではありませんが、変速段数が多いほど状況に対応できる幅が広がることは確かです。

 ここのところしばらくブログに登場しなかった私の自転車ほーほ号は、今ではあまり見かけないランドナーというタイプで、ツーリングを目的としています。そのため舗装路だけでなくある程度のラフな道も走ることを想定したタイヤ、雨中走行を想定して前・後輪に泥除け装備、列車に乗せて運ぶ際に比較的簡単に分解・組み立てができる輪行仕様などの特徴を備えています。そしてツーリングであれば当然坂道や荒れた道も走る可能性があるため、ほーほ号は後輪側6枚、ペダル側3枚のギアで18段変速を備えています。
 ところが昨年の夏の終わり頃だったか、ペダル側のギアを切り替えるフロントディレイラーという部品を自転車本体に止めているアルミ製のバンドが切れてしまい、本体から外れたフロントディレイラーがチェーンに引っ張られて邪魔になり、ペダルが回せなくなるという事態が発生しました。実は発生当初はフロントディレイラーを操作するワイヤが緩んだか外れたかしたのだろうと思い、手が空いた時に調整しようと高を括っていたのですが、後日見てみるとそうではなく、アルミ製のバンドが切れたことが判明。あらら、こりゃ参った。
 修理としては切れたバンドを交換してフロントディレイラーを本体に取り付け直すのが王道ですが、実はほーほ号に付いているフロントディレイラーは「サンツアー」という、10数年前になくなってしまった会社の製品なのです。ほーほ号自体が平成6(1994)年購入の年代物ですからね(笑)。そして切れたバンドはバンドとして独立しているわけではなくディレイラ―と一体化したパーツの形をとっているので、これを交換するというのは絶対不可能とは言わないが、今となっては相当難しいと思われます。何せ10数年前になくなった会社の、特定の製品のパーツですからね。
 幸いフロントディレイラーという部品はあまり複雑なものではなく、ほーほ号にはサンツアー製しか付けられないなんてことは全然ない。これを機会に例えば現在市場を席巻しているシマノ製に替えたって構わないのです。構わないのですが、ここにもう一つの困難がありまして、それはほーほ号がランドナーであるということ。ランドナーは輪行を容易にするためにディレイラー周りは大変シンプルな構造になっていて、ダウンチューブ(フレームを構成する部材のうちハンドルからペダルにかけて斜め下向きに走っているパイプ)に付いているレバー(ダウンチューブシフター)で、外部にむき出しになっているワイヤを引いて操作します。今時の自転車の変速機はハンドルから手を離さないで操作できるタイプのものが主流で、フロントディレイラーもそれ用のものが主流であろうと思われ、ダウンチューブシフター用のものはあまり作られていないのではないかと懸念されます。実際、現在も生産・販売されている量産型ランドナーの丸石エンペラーに使われているシマノ製フロントディレイラー FD-2303 のバンド取り付けタイプは、ネットで調べてみると価格こそ1,500〜1,600円台と安価ですが、流通量が少ないらしく軒並み完売や欠品となっています。ランドナー自体数が出ないし、構造がシンプルなだけに安い価格しか付けられないとあっては、メーカーも最低限必要な数以上は作りたがらないでしょう。

 要するに、ほーほ号にこれまで付いていたサンツアー製フロントディレイラーのバンド修理はほぼ不可能で、シマノ製への切り替えもままならないのが現状なわけで、しかし自転車には乗りたいのです。うーむ、どうする?

 仕方がないので、この際フロントディレイラーを取り外すことにしました。バンドが切れて自転車本体からはもう外れているので、あとはダウンチューブシフターとつながっているワイヤを外し、チェーンをつかんでいる部分を開放すれば取り外せます。ところがチェーンをつかんでいる部分のネジ止め部分を外そうとしたところ、ネジが錆び等で固着してしまって外れません。止むを得ずこの部分をヤスリで削ってえいやと切りました。これでフロントディレイラーをほーほ号から取り外すことができました。

サンツアー製フロントディレイラー<取り外されたサンツアー製フロントディレイラー。左上のぱっくり開いている部分が切れたアルミ製バンドで、本来はここでシートチューブ(自転車のフレームを構成する部材のうち、サドルからペダルへ縦に走っているパイプ)をしっかりつかんでフロントディレイラーを自転車本体に固定しています。右下がチェーンをつかんでいる部分で、その一部をヤスリで切ってチェーンから外しました。>

 フロントディレイラーを取り外したことにより、ペダル側のギアをダウンチューブシフターのレバー操作で切り替えることはできなくなったので、とりあえず3枚付いているギアのうち真ん中のギアにチェーンをかけました。後輪側のギアを切り替えるリアディレイラーは生きているので、これで6段変速の自転車になったわけです。街乗りならこれで十分だと思います。もし何キロも上り坂が続くようなことになったら、そのときは手でペダル側のギアのチェーンをかけ替えればローギア側にシフトすることも可能です。まあそこまでするような事はまずないと思いますけどね。
 フロントディレイラーを外して走れるようになったので、さっそく拙宅から筑波大学の中央図書館まで試し乗りをしてきました。調子は上々。これから春に向けて気候がよくなってきたら、また自転車乗りますよ!
| 自転車 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hoch.jugem.jp/trackback/679
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    ほーほ (03/04)
  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    gomuboatの釣り人 (03/04)
  • 2014年2月奈良行き 7.登美ヶ丘から大阪経由東京へ エピローグ
    ほーほ (12/22)
  • 2014年2月奈良行き 7.登美ヶ丘から大阪経由東京へ エピローグ
    AK (12/16)
  • 「仮面舞踏会」の「ギャロップ」と組曲の全体構成
    ほーほ (07/20)
  • 「仮面舞踏会」の「ギャロップ」と組曲の全体構成
    佐藤和男 (07/19)
  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    ほーほ (12/21)
  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    伊勢佐木鋼鉄会.2 (12/21)
  • トラヴェルソを吹いてみてフルートのシステムを再発見
    ほーほ (11/24)
  • トラヴェルソを吹いてみてフルートのシステムを再発見
    いぶき (11/24)

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH