<< 2014年2月奈良行き 3.JR奈良駅から佐保川へ | main | 2014年2月奈良行き 5.鶴舞団地 >>
2014年2月奈良行き 4.学園前、青池
(承前) 佐保子さんを偲ぶつもりで訪れた佐保川で、逆に佐保子さんに教えられて(と私は信じていますが)大佛鐵道記念公園を訪れるという思わぬことになりました。さてこれから私は近鉄奈良駅へ戻り、近鉄で学園前駅へ行って昔住んでいた鶴舞団地とその周辺がどうなっているかを見届けます。鶴舞団地は50年以上も前に開発された古い団地で、数年前から都市再生機構(UR都市気候)による大規模なリニューアル中なのです。またこの付近の地形図や空中写真を見ていると、団地の北側にあった通称「青池」という昔のため池がどうやら干上がってしまっているようで、これもちょっと気になる。

慈眼寺<左写真:近鉄奈良駅前から「やすらぎの道」に入ったところで見かけた石塔の「聖武帝御感得 やくよけ観世音」は佐保川からほど遠からぬ所にありました。西山浄土宗の慈眼寺(じげんじ)というお寺です。厄除け発祥のお寺といわれているそうです。いつかお世話になるかも知れません・・・>

奈良市汚水マンホール蓋<右写真:この辺りで見た奈良市の汚水用マンホール蓋。やっぱり奈良といえば鹿。奈良の鹿は春日大社のお使いなので大事にされています。聞いた話ですが、奈良の人はみんな早起きなのだそうです。それはもし朝起きて自分の家の前で鹿が死んでたら大変なことになるので、周りに気づかれないうちにその鹿をお隣さんの家の前に運ぶためなんだって・・・いや、聞いた話ですからね、本当かどうかはわかりませんよ。>

 近鉄奈良駅からは快速急行三宮行きに乗りました。私が奈良に住んでいた頃は終点は難波で、そうなる前は地上ホームの上本町でしたが、今は大阪通り抜けて兵庫県まで行くんやねえ。便利になりました。

車窓から平城宮跡<近鉄電車の車窓から見えた大極殿。あの棚田嘉十郎が奈良駅前に建てた「平城宮大極殿跡是より西乾二十丁」の碑が思い出されます。私が子供の頃はここはただの一面の草っ原で、窓から景色を見ていてもつまらなくて「早く通り過ぎないかなぁ」と思ったものでしたが。>

学園前北口ロータリー学園前駅北口PARADIS  さて、かつて私が住んでいた鶴舞団地の駅、懐かしい学園前駅にやって来ました。駅前(左写真)に降り立つと一気にテンションMAX!しかし駅の基本的な構造は変わらないものの、北口駅前の印象は一変しました。特に駅前の複合商業施設「PARADIS パラディ学園前」ですね(右写真)。昔はあの辺りに円と四角を組み合わせた前方後円墳みたいな平面形でたぶん2階建てだった「近商ストア」がありましたが、パラディ学園前は地下1階地上6階の南館と地下1階地上4階の北館が並び立ち、北館地下1階の近商ストアを核店に西松屋、セリア(100均)、マツキヨ等のチェーン店や専門店が入っています。もう奈良や大阪まで買い物に出かけなくても、大抵のものは駅前でそろっちゃいますね。

学園前駅北口  北口駅前ロータリーの入り口の交差点に歩道橋があるので、その上からロータリー(左写真)、南側(下の左写真)、北側(下の右写真)を見ました。南には帝塚山学園がありますが子供の頃の私はこちら側には用事がなく、一度行ったことがあるかないかぐらいです。それに対して北側は当時の私の生活圏で、南都銀行、郵便局、その先の大阪ガスは当時から変わらない顔ぶれ。そして坂の上には鶴舞団地のシンボルと言ってもよい、コンクリートに赤いラインの給水塔が見えています。さあ行くぞー!

学園前駅北口から南を望む学園前駅北口から北を望む<上の写真は北口ロータリー。左が駅舎。パラディ学園前はロータリーをはさんで駅舎の向かい側でここには写っていません。左写真は歩道橋から南側を、右写真は歩道橋から北側を見ています。地形的に北側が高く南側が低くなっているので、北側に広がる鶴舞団地へ行くには駅前から坂を上ることになります。>

給水塔  ハイテンションのまま一気に坂を上って給水塔までやってきました。昔はこの辺りから先に鶴舞団地のスターハウス*が何棟か建っていましたが、早く取り壊されたようです。この給水塔を越えて真っ直ぐ進めば鶴舞団地、右に入れば青池の方へ行きます。どちらを先に見るかちょっと迷いましたが、先に青池を見に行くことにしました。
(*スターハウス:上から見るとY字型をしているやや小型の住棟。こんなやつです。)
 青池は明治時代の地形図にも出ている古い灌漑用のため池で、私が住んでいた頃には池の下側には水田がなく、従って灌漑の機能はもう果たしていなかったと思いますが、相変わらず水は満々とたたえられ、夏にはトンボやイトトンボを捕りに来ました。また池の北側にはちょっとした商店街があり、生鮮食料品などの最寄品はここへ買いに来ましたし、おばあちゃんが一人でやっている小さい駄菓子屋があって、ここは子供にとっての天国でした。

青池北側の商店街 青池の周りには今ではマンションがいくつも建ち、住んでいる人は以前より多いようです。しかし商店街は何とも薄暗い感じになっていて人気(ひとけ)がありません。おそらく皆さん駅前まで買い物に行ってしまうのでしょう。歩いても10分くらいでワンストップで何でも買えるんだもん、そら商店街には厳しいわ・・・。

青池跡  そして青池は、やはり干上がっていました。これではもうトンボも出ませんね。今のところは奈良市管財課が管理しているようですが、いずれ売られてマンションになったりするのかも知れません。干上がった池の向こう側の高いところに見える大きな三角屋根の建物は日本キリスト教団の大和キリスト教会です。子供の頃に青池でトンボを追いかけていると、やがて空が茜色に変わり青池の水面にも夕焼け空が映り込み、向こう岸の丘の上の教会から鐘の音と音楽が聞こえてきました。鐘と音楽は今でも聞こえるかも知れないし、空も茜色に染まるでしょうが、その夕焼け空が青池の水面に映ることはもうないのです。さびしいなあ。

青池下のアパート  さらに青池の堤の下側、その昔は水田が広がっていた場所は、私が奈良に住んでいた頃には一戸建てやアパートが建つ住宅地になっていて、小学校の同級生(テツ仲間、というかテツの師匠でした)の家もありました。しかし今回記憶を頼りに彼の家の辺りを歩いてみてもそれらしい家はなく、それどころか取り壊し中の家があったりします。ここもまたマンションになってしまうのか?勿論それが悪いわけではないけれど、やっぱり何だかさびしい気がします。
<右写真のアパートの前の道を上り切った所が青池の堤で、上の写真を撮った地点です。>

青池下の住宅  せっかくハイテンションで乗り込んできたけれど、ちょっと気持ちがしぼんだ青池周辺でした。
 しかし気を取り直して、さあ今度は鶴舞団地の現状を見に行くぞ!

続く…

 
| 地域とくらし、旅 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hoch.jugem.jp/trackback/675
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH