<< ボディキャップレンズ BCL-1580 | main | ペトリカラー35試写 >>
ペトリのカメラ再び 〜ペトリカラー35〜

 私が高校生のときにペトリV6IIという一眼レフカメラを愛用していたことは以前書きましたが、その後ペトリカメラが倒産してしまったこともあって、同社製品との縁は永久に切れたものと思っていました。ところが最近また別のペトリのカメラを入手しました。

 それはペトリカラー35(Petri Color 35)というカメラで、発売は1968年。35mmフィルムカメラです。40mmf2.8の明るいレンズを持ったレンズシャッター機で、露出計内蔵、ピント合わせは目測でゾーンフォーカスの目安あり、シャッタースピードはBと1/15から1/250まで。露出計用に1.3Vの水銀電池(現在は製造中止)を使用しますが、カメラ自体は全手動機械式カメラですから、電池がなくても露出計が動かないだけで撮影には差支えありません。

ローライ35と並んで<写真左がペトリカラー35、右はローライ35S。。なぜローライ35と並べたかというと、両者は同じ高級コンパクトカメラカテゴリーに属し、大きさ・性能ともほぼ互角なのです。でもデザインや使い勝手はけっこう違っているので、これから両者を比較しながら、このペトリカラー35というカメラを紹介していこうと企んでおります。>

 スペック的には当時のレンズシャッター式コンパクトカメラとしてはこんなものなのかなと思いますが、シャッタースピードの上限が1/250というのは、ISO400以上の明るいフィルムが常用フィルムになった今日ではちょっと厳しいですね。
 しかしこのカメラの特徴は何よりもその大きさ、というか小ささにあります。旧・西ドイツのフランケ・ウント・ハイデッケ社が1966年に発表・1967年に発売し、高級コンパクトカメラの元祖として名機の誉れ高いローライ35(Rollei 35)といい勝負で、しかもローライ35がおそらく小型化を優先した結果巻き上げレバーをボディ左側に、ストロボ用ホットシューと巻き戻しレバーをボディ底部に移すなどしてユーザーにユニークな操作方法を強いているのに対し、ペトリカラー35はこれらのパーツが標準的な位置にあり、さらに撮影時もピント合わせから露出決定までファインダーから目を離すことなく行える快適さを実現しているのです。ローライ35より一年後発の利があるとはいえ、これはすごい!
 その上ローライ35が、ツァイスのレンズ、コンパーのシャッター、ゴッセンの露出計と、確かに当時のドイツを代表する一流品ではあるが社外のメーカー製のパーツを組み込んで仕上げているのに対し、ペトリカラー35は露出計は別として、レンズもシャッターも内作の自社製品で組み上げているというから、これも頑張ってますね!

2機種の上面2機種の底面<左写真はローライ35S(左)とペトリカラー35(右)の上面、右写真は底面。ローライ35の操作部がボディ各部に散って配置されていることがおわかりいただけると思います。ボディ底面のシューに付けたストロボで写真を撮ると顔の下側から光が当たって不自然な影か出るので、ローライ35でストロボを使うときはボディを上下逆に構えて撮るのがコツだと聞いたことがあります。
 ちなみに写真のローライ35Sはローライ35のレンズ(テッサー40mmf3.5)をゾナー40mmf2.8にグレードアップした上級機で、それ以外の機構や操作面は両者同じです。>


 ペトリは中級品をこなれた価格で販売して人気のあったメーカーですが、このペトリカラー35は小さいボディの中に精密なパーツがきっちりと組み込んである感じで、きしみやガタつきもなく操作感も悪くないし、むしろローライ35より品よくまとまっていて高級感さえ感じられます。

 この2機種を性能面で比較すると、シャッター速度ではペトリより一段速い1/500を持つローライ35が上回りますが、レンズではローライ35が40mmf3.5のテッサーを搭載しているのに対し、ペトリのレンズは同じテッサータイプながらより明るい40mmf2.8で、総合的には互角の勝負。これでもしペトリカラー35の写りが名機ローライ35と遜色なければ、ペトリカラー35はまさに隠れた名機と言わねばなりますまい。ぜひローライ35と実写で比較してみたいところですが、残念なことに家蔵のローライ35Sはこのところシャッター(ガバナー)の調子が悪く、調整が必要だなぁ・・・

ペトリカラー35正面ローライ35正面<左はペトリカラー35、右はローライ35Sの、それぞれレンズキャップを取った正面図。>

 というわけで実写比較は先のことになりそうなので、他の点でこの2機種を比較してみましょう。
 ペトリカラー35の特徴として、ピント合わせをダイヤルを回して行う方式を採っていることが挙げられます。このダイヤルはレンズの沈胴(ちんどう;レンズをボディ内部に収納すること)機構を兼ねており、携帯時のコンパクトさに一役買っています。もっとも決して軽くはないダイヤルをぐるぐるぐるぐると約3周回さないと沈胴状態から復帰してシャッターが切れるようにならないのはちょっと面倒ではあります。ローライ35も沈胴式で、沈胴位置でシャッターが切れないのも同じですが、ローライ35の場合は解除ボタンを押しながらレンズをつまんで引き出しちょっと回すだけで撮影態勢に入れるので、ここの機動性はローライの方が上です。
 ただしここから先はダイヤル式のペトリに分があります。ファインダー内に距離(メートル及びフィート)とゾーンフォーカスマーク(半身像・グループ・山)が表示されているので、一度被写体までの距離を目測してしまえば、あとはファインダーをのぞきながらダイヤルでピントを合わせ、さらにボディ右側に接近して配置された絞りダイヤルとシャッタースピードダイヤルを右手親指と人差し指で回して露出計の針を右側の○の中へもってきてシャッターを押すだけで撮影終了。これに対しローライではファインダー内にはフィルムに写る範囲の目安となるフレームしか表示されず、ピント合わせはレンズ鏡胴を上から見ながらレンズを回して合わせます。ゾーンフォーカスマークもありません。また露出の情報はボディ上面の窓に表示され、しかも絞りとシャッタースピードのダイヤルがボディ前面の左右に分かれて配置されているので、これらを操作する手の移動量はペトリよりかなり大きくなります。これら一連の操作が終わってから、ようやくファインダーをのぞいてフレーミングすることになります。

ペトリカラー35ファインダー内ローライ35の測距と露出決定<左はペトリカラー35のファインダー内(ペトリカラー35Dの取扱説明書より)。下に距離目盛とゾーンフォーカスマークが表示され、ダイヤルを回すとこの絵では2メートルの右側にある縦の白線が動いてカメラが合わせている距離を示します。さらに絞りダイヤルとシャッタースピードダイヤルを回すと右側の横向き白線が上下に動き、線がこの絵のように中央の丸の中に入れれば適正露出になります。
 一方のローライ35ではピントは鏡胴先端のレンズを手で回して合わせます(写真では6mに合っている)。露出関係はボディ上面の窓を見ながら、絞りは上から見て右側のダイヤル(写真では11)を回すと窓の中の針(今は電池切れのため出ていない ^^;)が、シャッタースピードは左側のダイヤル(写真では1/30)を回すと窓の中の赤い丸がそれぞれ動くので、赤い丸の中に針が入るようにして合わせます。>

 またダイヤル式のペトリは直進ヘリコイドという凝った方式でレンズを繰り出していて高級感がありますが、ローライは前玉を手で直接回すという単純素朴な方式で、その代わり操作は軽快です。その一方で、ローライではレンズ鏡胴に刻まれた指標によって絞りごとの被写界深度を見ながらピント合わせができますが、ペトリではカメラには被写界深度が表示されず、取扱説明書の中の表を見なければその時々の被写界深度(その時の絞り値と被写体までの距離によって変わる)を知ることができません。この点はローライの方が使いやすいです。しかし被写界深度を利用してピント合わせる人って、多分あまり多くないでしょうね。

ペトリカラー35の被写界深度表<写真はペトリカラー35Dの取扱説明書の被写界深度表。横軸が絞り値、縦軸が合わせた距離を示します。たとえば絞りを11、距離を5.0mに合わたときには、手前は2.25mから遠くは無限遠までピントが合っている(厳密にはピントがきっちり合っているのは5.0mだが、前後のボケが十分小さいのでこの範囲全体にピントが合っているように見える)ことを示しています。なお、上のローライ35Sの写真では鏡胴の指標を利用して、絞り11で6mに合わせると手前は4mくらいから無限遠までピントが合っていることが一目でわかります。正確を期しがたい目測でのピント合わせには、この被写界深度をうまく利用することがピンぼけ写真を作らないポイント。>

 もう一つペトリとローライの違いが見られるのが露出計の扱い方です。ペトリではレンズのすぐ上に露出計用の受光窓があり、レンズキャップをすると受光窓も隠れます。また巻き上げレバーを巻き上げると露出計の電源が入り、シャッターを切ると同時に電源が切れます。つまりレンズキャップを取りフィルムとシャッターを巻き上げて、あとは露出を合わせてシャッターを押すだけという状態になっていないと露出計の針は現れません。逆に言うと針が現れていないときは何らかの原因でそのままでは写真が撮れない状態なので、撮影者はレンズキャップや巻上げを再確認することになり、その結果レンズキャップをしたままシャッターを切ってしまう(当然フィルムには何も写らない)という事故を防ぐことができます。露出計がアラームを兼ねているのです。
 片やローライでは露出計の受光窓はレンズから離れた位置にあり、レンズキャップをしても隠れないし、露出計自体も巻き上げその他の機構と連動せず、針は光が入ればいつでも動きます。つまり露出計はどこまでも露出計で、アラームを兼ねたりはしていません。

 こう見てくると、高級コンパクトカメラという同じジャンルに属するこの2つのカメラは、大きさや機能の上でそれほど大きな違いはないものの、それぞれの背景にある「カメラ観」とでも言うべきものはずいぶん違っているように思われます。
 ペトリカラー35は大きさ(小ささ)による制約はある程度甘受しながらも、操作部をできるだけユーザーが使い慣れたカメラの操作感に合わせるように配置し、絞りダイヤルとシャッターダイヤルを近接させて機能的に使いやすくし、ゾーンフォーカスマークや露出計兼アラームで初心者にもなるべく失敗なく写真が撮れる工夫を凝らすなど、細かい気配りと高い技術でお客様に奉仕する製品作りをしています。またダイヤル操作の直進ヘリコイドによるレンズ繰り出しなど、機能と同時にある程度の高級感も伴っています。その代わりおそらく大多数の人は利用しないであろう被写界深度はカメラには表示せず、取扱説明書を見ないとわかりません。そして発売当時の価格はローライ35のおそらく数分の一だったはず。なるほど、これは日本のカメラですね。
 対するローライは、ツァイス / コンパー / ゴッセンのスーパースターそろい踏みでモノ的には絶対間違いないものの、操作部の特異な配置や前玉回転による飾り気のないピント合わせ、また見るからに「板金曲げて丈夫に作りましたが、何か」風の素っ気ない巻き上げレバーなど「必要にして十分な品質と機能が備わっていればそれ以上何を求めるのか?後は各自お好きなようにお使いなさい」という割り切りが感じられます。おそらくユーザーも「これでよし、後は私が自分で使いこなす。私はこのカメラで写真を撮るのに必要な知識と技能を備えているのだから。」とこのカメラを受け入れたのでしょう。そして正しく使えば、その写りは確かに文句のつけようもなく良いのです(経験済み)。なるほど、これがドイツのカメラか・・・
 面白いですね。

 私が購入した個体は修理専門店によるメンテ済みで、とりあえずフィルムを入れて試写中です。これがあの中学校の隣の工場で作られたものかと思うと、ほんの少し愛着が湧くような・・・ペトリV6IIを使っていた高校生の頃は何も思わなかったんですがね、あれから36年、7年・・・人の気持ちも変わりますか。
 今のところ順調に動いていますが、付属のハンドストラップ(合皮製?)が経年のせいかやたら硬くて、全然手に添ってくれません。これだけは取り替えないと。

| 写真とカメラ | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH