<< 自分が出た演奏会:石巻市民交響楽団第39回定期演奏会 | main | 自分が出た演奏会:アンサンブル・ゴンベェ 第5回定期演奏会 弦楽合奏と葡萄酒の宴 >>
34年目の後夜祭〜都立国立高校 昭和54年卒同窓会

 11月17日(土)は数ヶ月ぶりに楽器に触らない休日でした。それは高校の学年同窓会「34年目の後夜祭」に出たから。
 私の出身高校・都立国立高校は3年間クラス替えがありません。授業は単位制なので各人別々に取っても、ホームルームやクラス単位の行事では3年間同じ顔がそろいます。それだけにクラスのまとまりは強く、卒業後もクラスごとの同窓会はそれぞれにやっているようで、わがクラスも毎年母校の近くでお花見をやってます。しかし全9クラスそろっての同窓会というのはこれまで開かれていませんでした。

 今回の学年同窓会のきっかけとなったのは母校創立70周年を記念して2年前の8月に開催された「大人の国高祭」。これは歴代OBが集まるイベントだったので人数制限があり、我々の学年で参加できたのは10数名でしたが、この場で学年同窓会をやろうという話が出たらしい。その翌年の震災でこの話も一度は消えかかったのですが、昨年我々の一年下の学年が学年同窓会を行い、これに刺激されて再び話に火がつき、卒業後34年目にして初めて学年同窓会「34年目の後夜祭」が開催されたというわけ。ちなみに「後夜祭」とは、文化祭・体育祭・後夜祭からなる国高祭の最後を飾る行事のことで、今はどうかわかりませんが、34年前は体育祭が終わった後のグラウンドで焚き火を囲んで「国高音頭」など踊ったものです

34年目の後夜祭〜都立国立高校 昭和54年卒同窓会
日時:2012年11月17日(土)19:00〜21:00
場所:東京都庁45F 南展望室

南展望室からの夜景南展望室 この日はあいにくの雨で展望室からの眺めは多少期待はずれだったものの、約160名が集まっての立食パーティーで久しぶりに懐かしい顔に会って食べて飲んで歌って(校歌ね ^^;)、2時間はあっという間でした。また94歳の今も矍鑠としていらっしゃる岡本校長先生(当時)と、9組の担任で物理の真下先生(当時)が来賓として出席され、我々若い者(?)を大いに励ましてくださいました。さらに当時4組にいて、NHKのニュースキャスター等を経て現在は語り部・かたりすととして活躍している平野啓子さんが、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」の冒頭を披露しました。私は平野さんとはクラスも違えば特に接点もなかったのでたぶん話したこともなく、ただ髪が長くておとなしげできれいな人だな〜という印象でしたが、その後34年間に磨かれた芸の力はすばらしく、それまでざわざわガヤガヤしていた会場が、このときばかりは静まり返りましたね。
<上の写真 左は南展望室からの雨の夜景。右は立食パーティー会場。終わり頃なんでほとんど片付けられちゃってますが・・・>

 当時使っていた教科書や修学旅行のしおり、名簿、アルバム、「第九」のLP等懐かしいものあれこれの展示もありました。物持ちのいい人っているんだね〜。ところでこの「第九」、国高では今でも毎年プロのオーケストラと歌手を呼んでベートーヴェンの「第九」全曲演奏会を行っていますが、その第一回は我々が2年生のときでした。当時の音楽の先生だった故・森先生(演奏会ではバリトン・ソロを歌われました)が発案され、芸術科の授業で音楽を選択していた生徒はデフォルトで参加。歌唱は原語(ドイツ語)でしたが、発音には森先生のこだわりがあり、語尾の -er や -or を「エる」「オる」(「る」は巻き舌で!)ではなく「エァ/アー」「オァ」のように口語発音で歌ったものです。そして美術や書道選択だけどぜひ「第九」を一緒に歌いたい!という有志の連中向けに「第九サークル」なるものが立ち上がり、私も昼休みの屋上などでの練習に参加しました。初めてのオケ合わせで我々男声コーラスが「Freude!」と歌い出した瞬間、オケ(新星日本交響楽団)の弦楽器の人たちが「おッ!」という感じでいっせいにこちらを見たことを今でも思い出します。
 そうそう、国高バッジ(校章)をつけてきた同級生もいました。我々の学年は青で、他に赤と緑があり、入学年度ごとに色が違うので、これで学年を見分けることができました。国高には上履き以外校則がないとか言われていますが、国高バッジはつけることになってたんじゃないだろうか。

 まぁなんだかんだ言っても、34年なんて実はあっという間に飛び越えられる時間に過ぎなかったですよ(我々の外見は別として、ね・・・)。

 我が6組からは46人中20人が「34年目の後夜祭」に参加。私も含めその大半はこの2時間だけでは飽き足らず、新宿西口の某店で11時過ぎまで(さらに残った有志も数名いた模様)飲んで騒いで解散しました。あぁなんでこの人たちといるとこんなに楽しいんだろう!6組のみんな次はお花見で会いましょう、元気でね!



国高バッジ 青バージョンp.s. 発見!国高バッジ!
 捨てるわけないから・・・と帰宅してから探してみたら、意外と簡単に見つかりました。これが我々の学年の青バージョン。全体の形は橘の花を表しています。

「第九」LPp.s.2 さらに発見!「第九」LP!
 自分が持っている「第九」のLPは実家に置いてあると思っていましたが、国高バッジ発見に勢いづいて「ひょっとしたら」と家にあるLPをひっくり返してみたら、あった(^o^)。

「第九」ジャケット見開き ジャケットは何の変哲もない、白地にグレーの字で曲名が書いてあるだけのすっきりしたもの。見開きのジャケットを開くと、左ページに曲名・演奏者、今回の「34年目の後夜祭」にも来賓でおいでいただいた岡本校長先生の「演奏会に寄せて」と題する文章と、「感動と感心」と題する「第九」仕掛け人の故・森先生の文章があり、右ページは演奏時の写真と合唱参加者全員の氏名が載っていて、一番下に一流レコード会社「東芝EMI株式会社 MADE IN JAPAN」のクレジット。立派でしょ。
 このレコードは上に書いた最初の演奏会ではなく、翌年の第2回演奏会(1978年5月2日 立川市民会館)を収録したもの。さすがに第1回の演奏会は録音を残すに足る内容になるかどうか不安だったのかな?(笑)今ならメーキングから録るでしょうね、きっと。
 ドキュメント的な意味で曲名・演奏者欄を再録しておきます。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
ルードヴィッヒ ヴァン ベートーヴェン 作曲
交響曲第9番ニ短調作品125(合唱)
―ドイツ語口語版―

星出豊指揮 新星日本交響楽団
独唱 菊池美樹子(ソプラノ) 井上美紗子(アルト) 井上善策(テノール) 森一夫(バリトン)
合唱 都立国立高等学校音楽選択生徒、第九サークル(美術、書道選択有志生徒)、教職員有志
合唱、独語(口語)指導 森一夫

客演独唱者
菊池美樹子 自由学園卒、国立ミラノ音楽院オペラコース卒、日本オペラ協会会員。
井上美沙子 東京芸術大学卒、同大学院卒、日本オペラ協会会員。
井上善作  東京芸術大学卒、同大学院卒、ローマ サンタ チチェリア音楽院卒、日本オペラ協会会員。

1978年5月2日 於立川市民会館 都立国立高校第2回演奏会より収録
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 針を通すとそれだけ磨耗するので、できればデジタル化したいですが、環境がない・・・まあそんなにしょっちゅう聞くものでもないですけどね。

| その他のできごとあれこれ | 18:51 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
これは素晴らしいものですね。当時の都立普通科高校の文化レベルの高さを象徴していると思います。私も住所から行けば国立を受けていたところでしたが、こういうことがあるなら受験してもよかったかなあとまで思いました。私は結局(何年か学年が上ですが)目黒区の都立駒場に進んだのですが、そこでの合唱活動や外のホールを借りての演奏会録音を、当時のカセットテープからCD化してあり、たまに聞きます。当時の都立駒場高校合唱部OB合唱団は、一般合唱団に発展して現在でも続いています。1973年創立ですから来年40周年です。基になった合唱部は今はもうないようです。
大切なレコードです。盤質がよくない場合自然にひび割れて聞けなくなってしまうことがありますから、早くCD化されることをお勧めします。安いソフトでパソコンを通して行うのが簡単でしょう。私の家だとその場で出来るのですが、ちょっと遠いので。
| yamanomegumi | 2012/11/28 11:39 AM |
yamanomegumi様、コメントありがとうございます。ご承知のとおり当時の都立高校のほとんどは学校群制度のもとで第○○群という形でしか受験できず、合格してもどの学校に振り分けられるかは全くあなた任せでした。たまたま私の叔父がやはり国立高校のOBで、「国高はいいぞ」と吹き込まれておりましたので、当時72群を組んでいた名門・立川高校(もと府立二中)ではなく国立に割り振られて嬉しく思ったものです。
高校当時の思い出というものは、小中のそれとも大学のそれとも違う、一種特別な輝きを帯びているように感じられます。件のLPもその特別な輝きの一つですので、ご助言どおり早い機会にCD化したいと思います。ありがとうございました。
| ほーほ | 2012/11/29 8:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hoch.jugem.jp/trackback/600
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH