<< リージョン1用PC | main | Nikomat FT2 入院 >>
今も覚えている景色 〜東大阪〜
 例によってまた旅の虫がうずき始めましたが、例によって予定が一杯で動くに動けず、こんなときは旅の思いを綴るしかないことだなぁ・・・

ー・ー・ー・ー・ー・ー

 私が子供の頃に見たあの景色は、今でも見られるのだろうか。

 大阪平野と奈良盆地を境して、生駒(いこま)山地が南北に走っている。主峰の生駒山の標高は642mで、それ以外はおおむね300〜400mの山々が連なっている。奈良公園の東にあるあの一面芝生の若草山だって342m、筑波山は877mあるのだから、生駒山地はそれほど高いわけではなく、奈良側からは穏やかでなだらかに見える。しかし大阪側は傾斜がきつく、大阪平野から見ると聳え立っていると感じられるらしい。この山地を東西に越える峠は古くからいくつかあるが、たとえば暗峠(くらがりとうげ)を歩いて越えてみると、奈良側と大阪側の違いがよくわかる。私は奈良側から大阪側に越えたのだが、だらだらと長い坂道を散歩気分で登ってきて峠を越えると、とたんに大きくジグザグを描きながら下る急傾斜の道になる。東側と西側でまるで違う非対称の山容を実感させられる。

 大阪の難波と奈良を結ぶ近鉄奈良線は、この生駒山地をトンネルで越えている。奈良側から電車に乗ると、生駒駅を出た電車はすぐにトンネルに入り、生駒山の北側をほぼ東西にまっすぐ越える。トンネルを出るとすぐに石切(いしきり)駅があり、電車はここで大きく左にカーブを切り、しばらくの間は生駒山地の西側の山腹をへずるように南へ進む。そして今度は右に大きくカーブを切って真西を向き、大阪平野の喧騒の真っ只中に下りて行く。
 電車が生駒山地の山腹を走っている間、君は緑濃く聳える東の山側を見ているか。それを悪いとは言わないが、ほら、一度は西側のドアの傍に立って、眼下に一面に広がる大阪平野の東の端、東大阪市の街並み・家並みを見てごらん。
 私が子供の頃、石切駅や額田(ぬかた)駅のあたりから見渡す東大阪の平野には中小零細企業の工場が密集していた。多くは平屋で小さくくすんでいて、それがぎっしりと密集していた。だから街並みは本当に低く平らだった。
 私が今でも覚えている景色というのは、西に夕日が沈もうとするちょうどその頃に車窓から見た東大阪の平野の眺めである。正面に沈もうとする太陽から赤みを帯びた黄金色の光が見渡す限り一面に洪水のように広がり、その中にぎっしりと密集した小さな工場や家々が、少し煙ったように静かに沈んでいた。私はこれほど広がりのある景色を見たことがないと思って感動していたが、同時になぜかあまり幸せでないような、さびしいような悲しいような心持ちだった。夕暮れ時に見たその景色は、それまでに何度も明るい光の下で見ていた街の姿とは全く違った印象を子供の心に与えたらしい。それが何だったのか、何か生きることの陰影のようなものを感じたのか、それとも単純に夕暮れがさびしかったのか、今となってはわからない。
 その後私は旅と鉄道が好きな子供に育っていったのだが、おそらくあの景色もそのことに影響を与えていると思う。40年以上経ってしまった今ではもう見られないのかも知れないが、今でも覚えている、あの景色。
| 地域とくらし、旅 | 20:44 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
ほーほサマ。今まで長らくReadOnlyでしたが初めてコメントさせて頂きます。
ずいぶん前ですが、奈良・学園前・あおいけ で検索した事がきっかけです。
小生1963年奈良県生まれ、小1まで鶴舞団地31号館在住。(幼稚園も小学校も鶴舞です)。
小2から社会人5年目まで品川区戸越銀座在住。(中高はブラバン。大学は国分寺の某経済大学です)。
西宮北口に1〜2年在住後、現在はJR尼崎近辺に18年在住です。
先日乗ってきました、近鉄奈良線。車窓をしっかり見てきました。私の原風景の1つにも瓢箪山〜石切の車窓があります。万博の頃って夕焼けの中に工場の煙突からモクモク煙が(いや炎?)出ていました。
人それぞれ原風景ってありますね。人生の半分は東京ですが、やはり奈良、特に学園前に多くあります。
そんな原風景を確かめに1〜2年に数回、奈良を訪れていますが、実はショックな事が…。
なんと、鶴舞団地の東側もついに解体工事に入りました。鶴舞1丁目バス停付近で工事の囲いの隙間から団地の最後の姿をしっかり見てきました。
西側の1〜28号館は数年前にリニューアルされ、29号館〜も時間の問題と言う事は分っていたのですが、やはり目の前にするととても寂しいモノがあります。
初めてのコメントがいきなり悲しいお知らせでホンマにスンマセン…。
奈良や学園前の事で、お伝えしたい事はたくさんあります。ご迷惑でなければまたコメントさせて頂きますね。
| 野球好きオヤジ | 2012/10/02 10:51 PM |
野球好きオヤジ様、コメントありがとうございます。
鶴舞団地の31号館ですか!私は41号館でした。41号館から見ると北の方のどん詰まりの(ちょっと表現悪いですね ^^;)4棟で中庭を囲んだようなとこの手前の左側かと思います・・・合ってますかね。同級生のY原くんが住んでいたっけ、何だかどんどん思い出します!私も鶴舞幼稚園で、当時は園児が増えてプレハブがありました。その後もブラバンや国分寺で私の人生とけっこう重なっていらっしゃいますね〜。
しかし東側もついに解体ですか・・・私は茨城のつくば在住なのでおいそれとは見に行けませんが、ときどき google map の写真をチェックしていて、青池がなくなったり(干上がってしまったように見える)鶴舞小の運動場の下の小川のあたりがすごく開けたりしてるのは承知してましたし、あやめ池遊園地や奈良ドリームランドの閉鎖、さらに鶴舞団地の西側のリニューアルのニュースも聞いていましたが、東側も始まりましたか。やっぱり寂しいですね。でも同じ思いの方がいてうれしいです!
私も奈良行きたいんですけど、なかなか思うにまかせません。ご面倒でなければまたいろいろ聞かせてください。もしアレやったらメールさせていただきますんで、そちらでも!(アレて何や?笑)
| ほーほ | 2012/10/03 7:56 PM |
 野球好きオヤジ様、ほーほ様、初めまして。
というよりも、ひょっとしてお知り合いかな?

 1961年の早生まれのムーです。

 鶴舞団地は30号館に住んでいましたので、野球好きオヤジ様とはお知り合いの可能性が高いですね。

 私は今、愛知県で働いてるので、両親の墓参りでたまに奈良に行ったとき、鶴舞団地の変わる様子を見て、子ども時代の風景がだんだん消えていくなと寂しく思っていました。

 当時鶴舞団地で遊んだ仲間たちで、同窓会とか出来るといいですね。

 それではまた。
| ムー | 2012/10/05 1:16 AM |
ムー様、ようこそです。
1961年早生まれですと、私と同じです。ひょっとすると鶴舞小の同級生かも?ドキドキ・・・
同窓会、実現するといいですね。私が奈良に行ける機会ができたら、お二方にご連絡しましょう。いつになるかちょっとわかりませんが・・・

| ほーほ | 2012/10/07 8:46 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hoch.jugem.jp/trackback/588
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    ほーほ (03/04)
  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    gomuboatの釣り人 (03/04)
  • 2014年2月奈良行き 7.登美ヶ丘から大阪経由東京へ エピローグ
    ほーほ (12/22)
  • 2014年2月奈良行き 7.登美ヶ丘から大阪経由東京へ エピローグ
    AK (12/16)
  • 「仮面舞踏会」の「ギャロップ」と組曲の全体構成
    ほーほ (07/20)
  • 「仮面舞踏会」の「ギャロップ」と組曲の全体構成
    佐藤和男 (07/19)
  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    ほーほ (12/21)
  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    伊勢佐木鋼鉄会.2 (12/21)
  • トラヴェルソを吹いてみてフルートのシステムを再発見
    ほーほ (11/24)
  • トラヴェルソを吹いてみてフルートのシステムを再発見
    いぶき (11/24)

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH