<< 北村智恵『子どもの眼の高さで歌おう』 | main | 東京サロンオーケストラ合宿2010 >>
国立で恒例のお花見

 4月3日の土曜日、毎年恒例の高校の同級生達とのお花見のため国立に行きました、というか、正確には立ち寄りました、ということになるんですが。
国立駅改札口<国立駅の改札口の内側から。もうこの辺から桜が見えてきて、気分はうきうきドキドキ。>

ホームから駅前広場を俯瞰<中央線の高架化で三角屋根の国立駅舎が解体されてしまったのは残念ですが、ホームから駅前広場を見渡せるようになりました。ただ、手前の工事中のエリアがちとお見苦しい。>
 この日は朝から晴れて暖かく絶好のお花見日和。ところがよりによってこういう日に会社で半日の会議があり、つくばを出発できたのはお昼ごろ。いけずな会社だ(苦笑)。
 しかし今回はそれがかえってよかったので、というのは、実はこの日と翌日は私の所属する東京サロンオーケストラの合宿で、本来なら朝からバスで河口湖へ行くはずだったのですが、午前中に会議が入ったために私一人が電車で行くことになり、しかも河口湖なら途中で国立も通るじゃん!というわけで、中央線を国立で途中下車、1時間弱ですがお花見に参加して旧交を温めることができました。去年もやはりオケの合宿と重なっていて、参加できずに一人花見になってしまったので、一昨年以来2年ぶりの参加です。ほんとはゆっくりしたかったんだけど、オケの合宿も大事だからね。来年はぜひフルで参加したいものだ。みんな元気でね〜。

この後私はオケの合宿に参加するべく再び国立駅から中央線に乗り・・・続きは続編で。

一橋大前<国立駅から大学通りを南へたどり一橋大学の前あたりまでが一番人の密度が高いのです。ここから先はだんだんと人がばらけて、お店の前に人だかりがあって、またしばらくばらけて、という感じ。>

国立の桜<大学通りには桜とイチョウが一本おきに植えられて並木になっていますが、一本一本もまたみごとです。>
レ・アントルメ国立<去年も一昨年もお土産を買った洋菓子の「レ・アントルメ国立」。ご覧のとおりの人気です。今年も買い物したかったけど、なにぶん時間がないので素通りしてしまいました。またいつか来よう。>

<ここからは国立へ戻る帰り道。この写真を見ると、桜とイチョウが一本おきに植わっているのがよくわかりますね。>
<いやもう言葉もありません・・・。>

<解体撤去されてしまった三角屋根の駅舎がこんなところに。歩道に埋め込まれたタイル。国立のランドマークでありシンボルでしたので、ぜひ復活してほしいものです。>
| 地域とくらし、旅 | 21:25 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
おぉぉぉ!2年連続で、web上のお花見をさせていただきました。その前の年は、国立の桜をこの目で見た・・・と思う。薔薇とか紫陽花とか菊とか向日葵とかの他の花に対してとは全く違う、特別な感慨がありますよね、桜。3月4月という出会いと別れの季節に咲くから、だけではないと思うのですが。ともあれ、web上花見、ありがとうございました。
| なおちゃん | 2010/04/06 11:27 PM |
なおちゃんさん、おひさしぶりです。
そうそう、やっぱりこの時期には桜ですよ。実は今準備中のこの記事の続編(つまりオケの合宿編)の方でちらっと触れたんですが、その昔は桜はサの神(稲の穀霊神)のクラ(御座所)で、この花の満開を秋の田の豊作に重ね合わせていたのですね。他の木ではあまりしないのに桜の下では宴会するのも、おそらく秋の豊作の予祝であろうかと思います。桜が特別という感覚は、先祖から受け継いだ血が騒ぐせいもあるのでしょう。
もっとも昔は今のソメイヨシノはなかったが、サの神は冬は山の神で、田作りを始める頃に山から里へ下りてきて田の神になると考えられていたので、神が下りてくる目印になるように、いち早く明るい花をいっぱいに咲かせる木ならサクラの役に立ったわけで、土地によってヤマザクラやコブシを「サクラ」と呼んだらしい。
今の我々はヤマザクラやコブシの下で宴会はしませんが、ソメイヨシノを偏愛するようになったのは、ソメイヨシノはみんなクローンで性質が同じなので、同じ場所に植わってる木がみんな一斉に咲いて一斉に散る、その潔さが愛されたとも言います。要するにいろんな要素が積み重なって混じり合って今の姿になっていると。私にとっての国立の桜の場合は高校生活の思い出も混じってますね。
| ほーほ | 2010/04/07 12:44 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hoch.jugem.jp/trackback/338
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH