<< 経理部長の愚痴 〜お仕事篇〜 | main | 忙中所感 〜ブラームス4番第四楽章 / 人は音楽の何に感動するのか〜 >>
経理部長の愚痴 〜ワタクシ篇〜
 先日「お仕事篇」を書いてみたら何となく気分がさっぱりしたので、二匹目のドジョウを狙って「ワタクシ篇」も書いてみる(笑)。

 「お仕事篇」から察せられるとおり、昨年の会社は給与の支払もままならぬ状態だったから、私の年間の手取り額は住宅ローンの支払額にも満たず、当然暮らしは楽ではなかった。貯蓄を取り崩し親類縁者の援助も受けたし、もちろん支出も切り詰めた。
 たとえば車への給油。以前はだいたいいつも満タンにしていたが、昨年はガソリンの値段に敏感になったし、給油するときは満タンでなく定額で給油するようにした。こうするとガソリンが高いときは少しだけ入れ、安いときに多く入れることになり、平均単価が抑えられる。財形や従業員持株会でよくやる「ドル・コスト平均法」の応用だ。ただし高くて少ししか入れられないとすぐ空になり、結果として高いときほど頻繁に給油するから、実際の節約効果はそれほどでもないかも知れない(汗)。根本的には車に乗らなければいいわけだが、通勤が車なのでそうそうは抑えられない。せめてもの自衛策である。たまに金回りのいい時に満タン入れると、それだけで贅沢をしたような気分になれる。

 ところで、金が思うように使えないと、おもしろいことに(と言ってしまってよいかどうかわからないが)最初のうちは「今は我慢しよう(状況がよくなったら買おう)」と思っているが、そのうち「別になくてもいいや」と思えるようになってくる。所有欲・消費意欲が減退するのである。以前なら「あ、おもしろそう!」と思ったに違いない本やCDやDVDやいろんなモノに対しても「それを読んでも/聞いても/見ても/手に入れても、それはそのとき楽しいだけで、結局人生や社会がよくなったりはしないじゃないか」と自然に感じてしまう。さすがに若干の葛藤と躊躇はあるものの、結局はそんなものに金使ったってしょうがないや、と素直に気持ちを収められるのだ。求不得苦(ぐふとくく:求めても得られないことによる苦しみ)を合理化によって抑制しているだけとも言えようが、この抑制は対象物を見つめているだけでほとんどオートマチックに発現し、「欲しいけど我慢しよう」というほどの気持ちのざわめきもない。「消費インポ」とでも言おうかね(^^;;;
 そのうち給与の未払い分が入ってきてお金が使えるようになったら消費意欲が猛然と湧き上がってくる(リバウンド?)のかも知れないが、今はまだわからない。実は後述のように自分の楽しみのためにある程度金を使っていたから、自分に限っては激しいリバウンドはないかも知れない。
 私の場合、モノに対する購買意欲は比較的容易に減退したのだが、オーケストラ活動を含む音楽への意欲はあまり冷めなかった。オーケストラ活動というのは何かと手間と金がかかる。譜面をそろえ、練習場所を確保し、ホールを押さえ、チケットを売り、指揮者やトレーナー、エキストラへは謝礼を払う。そうした労力と諸掛かりを団員で負担するわけだ。合宿だの打ち上げだのと飲み食いの機会も多い。それに加えて楽器のメンテナンスも必要だし、難しい曲なら自分でスコアを買ったりして勉強もしなければならない。私の楽器(コントラバス)は車で運ぶので、練習に行くだけで高速代だの駐車場代だのとけっこう金がかかることもある。経済的にある程度の余裕がないと続けにくい趣味だと言える。だからもし自分が所属しているオーケストラをやめたり休団したりしていれば、経済的にはもっと楽だったはずだ。
 しかし私にはそれはできなかった。考えてみるとそれは、音楽との接点が減ってしまうからというだけでなく、親しい人の中にいることの楽しさを諦めることができなかったせいだと思う。もしオーケストラを諦めなければならないとしたら、それは求不得苦というより愛別離苦(あいべつりく:愛するものと別れることによる苦しみ)であったろう。これは、きついぜぇ。

 ただし何だかんだ言いながら私がオーケストラ活動に金を使ったのは、後述するようにこの状態が好転する見込みがある程度あったからでもある。人はたとえ手元にある程度金を持っていても、これから先も金が入ってくる当てがなければ、なかなかそれを使おうとはしないものだ(使い切れないくらい持ってるなら話は別だが)。もしそれでもその金を使うとすれば、それは将来に心底絶望したときではないだろうか。第一次大戦後にドイツがハイパーインフレに見舞われたとき、マクシミリアン・ベルンという老作家は、預金を全額引き出して地下鉄の切符を一枚(預金全部で切符一枚!)買い、ベルリンじゅうを乗り回してから、部屋に閉じこもって餓死したという(哭)。そんなことでもなければ、人は手元の金を残らず使ってしまうなんてことはしない。還暦過ぎたって古希を過ぎたって、なおも「老後のために」貯金をするものなのだ。
 だから一度「消費インポ」になってしまったら、「将来は今よりもきっとよくなる」と信じられなければ、おそらく治らない。信じられる未来が描けなければ、人は金を持っても消費せず貯め込むばかりで、やがてデフレスパイラルが始まり、長引くだろう。「信じられる未来」の大切さについては後にもう一度触れるつもりだ。

 要するにワタクシの昨年は、金が無い無いといいながら、それでも適当にやりくりしながら乗り切った一年だった。昨年初めに給与カットを言い渡され、さらに会社の資金難から給与の遅配・未払いが始まったあたりでは、足元にぽっかりと大穴が開いて宙ぶらりんになったような不安に襲われたが、その後はそれほど深刻に悩まなかったし、周りに不義理をかけながらもオーケストラなんかやって、我ながらお気楽なヤツだと思う。
 なぜ深刻に悩まずお気楽にやってこられたかというと、もともと適当で無責任な性格のためでもあるが、、
1) 給料はちゃんと支払われなくとも、いちおう仕事には就いていたこと
2) 今年の4月からは妻の復職により家計の改善が見込まれたこと
の二つがあったからで、いわば足が海底に届いていて海岸が視界に入っていたから、溺れないで済んだのだ。そうでなければ事態はもっと悪くなっていたはずだし、今もどんどん悪くなり続けていたかも知れない。「溺れる者は藁をもつかむ」というが、つかむからといって藁ばかり与えても、体を支える「海底」と、そこから陸に上がることのできる「海岸」がないと、遅かれ早かれ本当に溺れてしまう。今の貧困の問題もそういうことなんじゃないかと思う。
 V.フランクルが『夜と霧』で「自分の未来をもはや信じることができなくなった者は、収容所内で破綻した。そういう人は未来とともに精神的なよりどころを失い、精神的に自分を見捨て、身体的にも精神的にも破綻していったのだ。」と書いている。百年に一度の経済危機ですっかり落ち込んでいる今日の日本がそんなことにならないように、「信じられる未来」をもたらすのは、政治の責任だと思うのだが・・・
| その他のできごとあれこれ | 22:33 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
やはり、書くという行為は気持ちを整理することなんですね。お仕事編を書かれてサッパリしたとのこと、よかったですね。

我々アマオケキチガイ(あっ、一緒にしちゃってゴメンなさい)は、めったなことでは、オケはやめないでしょうねー
よくぞ頑張って下さいました。

これからの社会、戦争直後のようにみんながビンボーならみんなで頑張れるかもしれないけど、以前裕福だった人が急にビンボーになってしまうと、耐えられないかも…

ウウム、明日は我が身…

共に頑張りましょうぞ!
| OKAR | 2010/01/28 11:50 PM |
「努力が報われる社会」とか「自己責任」といった言葉が偏った形で幅をきかせ、企業は人件費も含めてなりふり構わぬコストダウンに明け暮れるむき出しの競争社会からはじき出されかけてみると、日本はほんとは経済的にも社会的にも人の心も貧しい国で、それこそ薄氷を踏むような状況で放り出されている人が多いことに気づきます。♪あしたという字は明るい日と書くのね〜♪という歌がありましたが、ほんとうに明日は今日より明るいと信じられるようにしていかないとね。

ワタクシ篇はけっこうお気楽な調子になってますが、お金がなくなってみるとやはりいろいろと情けないことが多いですし、一度悪くなるとどんどん悪い方へ回っていくものです。いざというときに備えて、預貯金の口座やクレジットカードの決済口座を一つにまとめないで分散させとくとか、無理なくお金を借りられるところ(自分がかけている生命保険も融資制度があったりします)を調べとくとか、親類縁者との仲を良好に保っておくとか、今からでも遅くありません、リスク管理をなさいませ。
まあ、そういうことにならないのが一番ですが、何が起こるかわかりませんからね。
| ほーほ | 2010/01/31 8:11 AM |
ほーほさん。いまさらながらにキャッチアップしました。やっぱえらいわ!あんたっ!自分の価値(音楽すること)を守れたって並大抵じゃないと思う。ご本人指摘するように、幸いにもいい条件があったとしても、自分の心のどこかに希望を宿せる、これも生きていくうえでのひとつの才能だと思います。フランクルの言うのは折に触れて本当だと感じてもいます。「Hopeがなかったら、あの収容所から戻れなかった」って。
| とらのすけ | 2011/05/21 8:28 PM |
とらのすけ様、実はこのご時勢で今の会社もなかなか仕事がなく、先の見通しがつくまで給与カットもやむなしという状況になりつつあります(汗)。というわけで、特別な金策をしないとローンの返済ができない状況がまたやってきました。サラリーマンでボーナス何年ももらってないってのは、なかなか暮らしが立ちません。しかしドリームジャンボ宝くじは買いました(笑)。こういういい加減さが、根拠のない希望を持ち続けられることにつながっているのかも。
| ほーほ | 2011/05/23 10:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hoch.jugem.jp/trackback/332
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH