<< パイこね変換とは | main | 自分が出た演奏会:土浦音楽院50周年 記念演奏会 >>
音楽之友社版マーラー交響曲第1番スコアの誤訳

  ご存知の方も多いことでしょう、音楽之友社から新バッハ全集、ランドン校訂のハイドン交響曲全集、新モーツァルト全集、ノヴァーク版ブルックナー全集など、定評のある原典版・批判版によるミニアチュア・スコア(ポケットスコア)が出版されています。同一内容のテクストが輸入版より安く、しかも序文などに日本語訳をつけて出版されていて、日頃その恩恵に浴している私としては、これはもう勲章上げたいくらいの偉業だと思って感謝しております。

 ところがそんな中で、マーラーの交響曲第1番(改訂版:1967年 Universal Edition のリプリント OGT 1446)のスコアは問題あり。マーラーはしばしば「指揮者への注」等と称してドイツ語の文章をスコアに書き込んでいます。音楽之友社版はそのいくつかに日本語訳をつけてくれていて、そのこと自体は大変ありがたいのですが、残念なことに誤訳があるのです。第1番はマーラーの交響曲の中でおそらく最も演奏頻度が高い曲である上に、私が確認したところでは2006年発行の第33刷でも訂正されていません。昭和52(1977)年の初刷以来30年も経つのに、これはちょっとまずいでしょ(^^;)


<手元のスコアは昭和55年の第3刷で当時900円。消費税なんてものはまだこの世になかったのだ。>

 誤訳はスコアの140ページ、第四楽章の414小節以後に関する指揮者への注です。ドイツ語の原文と問題の訳文は次のとおり。

原文;
Ammerkung für den Dirigenten: Die Betonungen fp in den Violen, Celli u. Bässen sowie auch in den andern Instrumenten werden entsprechend dem allgemeinen D i m i n u e n d o immer schwächer und schwächer ausgeführt.

この注に対する音楽之友社版の訳(以下「音友訳」):
指揮者への注意;ヴィオラ、チェロ、コントラバスならびにその他の楽器の fp という強弱記号は、普通のディミヌエンドと同じく、段段に弱くする意味。

  fp (フォルテピアノ)は音を強くしてからただちに弱める指示で、直感的にはこんな感じ。

(グラフ1)
fp

 ところが音友訳によると、ここで使われている fp はそうではなくて、「普通のディミヌエンドと同じく、段段に弱くする意味」だというのですから、それが本当ならこんな感じでしょうか。結果として点線のように「段段弱く」なるわけかな。

(グラフ2)
音友版fp
 指揮者もオーケストラも fp は常識的にグラフ1のように演奏するので、この注記がなければ「普通のディミヌエンドと同じく、段段に弱くする」などとは夢にも思わないでしょう。

 しかしこの訳はおかしい。fp の連続をディミヌエンドの代わりに使うこと自体が不自然だし、「普通のディミヌエンドと同じ」なら、それこそ普通にディミヌエンドを書けばいいんです。で、改めてスコアを見ると、他の字と重なってちょっと見にくいけれど、ちゃんと di--mi-nu--en-do と2ページにまたがって「普通のディミヌエンド」が書いてあります。ゆーっくりと弱くしていくのですね。同じ意味の記号を二重に書くことは意味がないし混乱を招くし何よりめんどくさいので、普通はそういうことはしません。よってこの fp は「普通のディミヌエンド」とは別で、やはりグラフ1のような表現を意図しているとしか考えられません。実際、手元のCDなりLPなりを聞いてみると、どれも fp をグラフ1のように演奏しています。

<スコアの問題の箇所をよく見ると、赤枠で囲ったとおり「普通のディミヌエンド」が書いてある。>。

 ここまできたら真相は自分で確かめるしかない、というわけで、大学卒業以来ほとんど使ってない独和辞典をひっぱり出して原文にアタックしてみました。その結果、正解と思われる訳は次のとおりです。
「指揮者たちへの注:ヴィオラ、チェロ、コントラバスに付いている fp は、他の楽器に付いているものも同様に、全体にかかる D i m i n u e n d o に対応して、次第に弱く演奏される。」

 あぁ日本語が不自由だ(苦笑)。要するにマーラーは「延々と fp が書いてあるけど、全体がディミヌエンドで弱くなっていくのだから、fp のピークもそれに合わせて段々弱くしていくんだぞ!」と言っているのです。名指揮者であったマーラーは、オーケストラの奏者なんて好きにさせておくと fp とか sf (スフォルツァート/スフォルツァンド:これが付いている音だけ強くする)を見た瞬間に、反射的に「おっしゃキター!」と全力で節操なくガッツンガッツン弾くものだということをよーく知っていたので、指揮者に対して「ここでオケを野放しにするな!」と言ってるのですね。この部分のスコアを見ていくと 、この先の方で fpmfp (メゾフォルテピアノ)とか mfpp (メゾフォルテピアニシモ?)なんていう他ではあまり見ない表記に変わっていることからも、fp のピーク自体を低くしていってほしいと考えていたらしいことがわかります。
(グラフ3)
fp正解
 すなわち全体が di--mi-nu--en-do で弱くなっていて、それに応じて fp の突出も少なくしていくというわけ。

 音友訳の誤訳の原因は、まず allgemein(en) Diminuendo を「普通のディミヌエンド」と訳してしまったこと。allgemein は英語の general, common に相当し、「一般の、一般的な;全体の、全般の;公共の;ふつうの」といった意味で、場合によっては「ふつうの=世間一般でいうところのディミヌエンド」という訳もあり得ますが、この場合は明らかに「全体の=2ページにわたってオーケストラ全体にかかっている di--mi-nu--en-do」のこと。さらに「・・・に応じて、・・・に従って(corresponding; appropriate, suitable)」という意味の entsprechend を「(ディミヌエンド)と同じく」と訳してしまったのもよろしくない。
 知らない単語は辞書を引いてみたものの文章全体の意味がわからないときに、わからないところはほっといて、とりあえず辞書の訳語を適当につなぎ合わせ、何となく前後のつじつまを合わせてその場をしのぐ・・・学生のときによくやったテですね。このスコアの場合は原文が参照できるからまだ罪が軽いとも言えますが、とうていお金を取れる仕事じゃない。

 まぁこんな程度の誤訳をする方もする方ですが、日本を代表する音楽専門の出版社の編集部が、多少なりとも音楽の心得がある者なら一目見て「え?」と思うような誤訳を、編集とか校閲の段階でチェックできないでそのまま出版しちゃってるってのもいかがかと・・・

| オーケストラ活動と音楽のこと | 19:41 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
おお・・・ほんとに、「いかがかと」思われます。

なんの曲だったか忘れたけど、フランス語の表記の日本語訳にも、みょーなものがあったなぁ・・・

案外、楽譜やサンは、「言葉」には無頓着なのでしょうか?
| OKAR | 2009/04/25 11:26 PM |
おっと、フランス語はよくわからないけど、他にもあったのかぁ誤訳。たしかに譜面の本文=楽譜そのものじゃないから力の入り方が違うのかもしれませんね。でもやっぱりちゃんとしてほしいです。

おわびとお知らせ:OKARさまより「パイこね変換」の方にコメントをいただいていたのを見落としておりました。申し訳ありません m(_ _)m。さらにコメントさせていただいておりますのでご確認くださいませ。
| ほーほ | 2009/04/26 12:46 AM |
わざわざそんなお詫びなぞなさらずに…(^^;;;

実はOKARも、うちのブログで、だいぶ前のほーほさんのコメントを見落としていたのを最近発見して恐縮していたのでした。こちらこそ申し訳ありません。m(__)mm(__)m
| OKAR | 2009/04/26 11:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hoch.jugem.jp/trackback/255
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    ほーほ (03/04)
  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    gomuboatの釣り人 (03/04)
  • 2014年2月奈良行き 7.登美ヶ丘から大阪経由東京へ エピローグ
    ほーほ (12/22)
  • 2014年2月奈良行き 7.登美ヶ丘から大阪経由東京へ エピローグ
    AK (12/16)
  • 「仮面舞踏会」の「ギャロップ」と組曲の全体構成
    ほーほ (07/20)
  • 「仮面舞踏会」の「ギャロップ」と組曲の全体構成
    佐藤和男 (07/19)
  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    ほーほ (12/21)
  • 「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び
    伊勢佐木鋼鉄会.2 (12/21)
  • トラヴェルソを吹いてみてフルートのシステムを再発見
    ほーほ (11/24)
  • トラヴェルソを吹いてみてフルートのシステムを再発見
    いぶき (11/24)

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH