J.S.バッハ「音楽の捧げもの」のケーゲル盤
 バッハの器楽作品の中で、私はこの「音楽の捧げもの」にはあまり注意を払ってきませんでしたが、ヘルベルト・ケーゲル(1920-1990)という旧・東ドイツの指揮者による演奏ということで購入。20世紀の音楽を得意とするこの人の演奏には特色のあるものが多く、以前から注目しています。

<私が購入したのは写真にあるとおり国内盤。ヘルベルト・ケーゲル指揮ライプツィヒ放送交響楽団他による演奏で、Weitblick SSS0060-2。輸入代理店は東武ランドシステム(株)。日本語帯と許光俊氏の日本語解説付き。>

 私がこれまでに聞いている「音楽の捧げもの」はカール・リヒターがオットー・ビュヒナー(Vn)、オーレル・ニコレ(Fl)他と録音した1963年のアルヒーフ盤と、ラインハルト・ゲーベル率いるムジカ・アンティクァ・ケルンによる1979年のアルヒーフ盤で、前者はモダン楽器、後者はピリオド楽器による演奏という違いはありますが、いずれも清く正しい原典版準拠の演奏です。これに対して今回のケーゲル盤は Neufassung: Hermann Börner(ヘルマン・ベルナーによる新版)とあり、曲順も楽器編成も新旧のバッハ全集などの原典版とは全く違うもの。とりあえずその中身を紹介いたしますと、こんな具合。なお( )内は新バッハ全集の曲番号です。

1   (I/1)      3声のリチェルカーレ(サンスーシ宮のジルバーマン製フリューゲルピアノフォルテ)
2   (III/2)    2つのヴァイオリンのための同度のカノン (Vn, Viola da Gamba)
3   (III/1)    2声の逆行カノン (Oboe d'amore, AltFl)
4   (III/3)    反行による2声のカノン (フラウロイトのジルバーマン製オルガン)
5   (III/6)    フーガ・カノニカ (Fl, Oboe d'amore, Fg)
6   (III/7)    王の主題による無限カノン (Viola d'amore, Viola da gamba, Vc, Cb)
7   (II/1-4)  トリオ・ソナタ (Fl, Vn, Vc, Cembalo)
8   (III/4)    拡大と反行による2声のカノン(パウル・デッサウ編曲)
9   (III/8)    無限カノン(パウル・デッサウ編曲)
10 (III/5)    諸調を経過する2声のカノン(パウル・デッサウ編曲)
11 (III/9)    2声のカノン(パウル・デッサウ編曲)
12 (III/10)  4声のカノン(パウル・デッサウ編曲)
13 (I/2)      6声のリチェルカーレ(アントン・ウェーベルン編曲)
続きを読む >>
| 聞いて何か感じた曲、CD等 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
森高千里「Alone」
森高The Singles 昨年の8月に敢行した「一人渡良瀬橋ツアー」の直後、森高千里の「The Singles」初回限定盤を買ったわけですが、このアルバムを聞くたびに気になるのが「Alone」という曲(作詞:森高千里 作曲:安田信二 1988年)。曲のスタイルも歌い方も当時の森高さんらしくなくて、私にはやまがたすみこさんの歌のように聞こえるのです。

 以前やまがたすみこさんの「ゴールデン☆ベスト」というアルバムについて書きましたが、この曲はそっちのアルバムに入っていても全然違和感がない、というかむしろそっちに入っていた方がしっくりくるんじゃないかと思われるくらい、森高さん離れしてますね。森高さん独特のやや耳につく「え段」の発音もこの曲に関しては目立たないし、発声も素直で声が豊かでいつもより太い感じだし。
 私が妄想するにこの曲は、初期の「GET SMILE」や「ザ・ミーハー」のスタイルから、もっと幅広くいろいろな歌を歌っていこうと試みる中での過渡的な産物なのではなかろうか。やまがたすみこさんもいろいろな歌い方に挑戦しながらさまざまなスタイルの歌を歌いこなしてきましたが、森高さんにもそういう時期があったのではないでしょうか。実際、翌年の「17才」(1989年;これも森高さんらしくない、過渡的な歌唱と思う)を経て「私がオバさんになっても」(1992年)「渡良瀬橋」「私の夏」「風に吹かれて」(いずれも1993年)等で初期の森高色を払拭した新しいスタイルを確立するまでに4年から5年を要しているわけで、おそらくその間にはいろいろな挑戦や試みがあったと思われます。あくまでも私の勝手な妄想ですけど。
このテのコンピレーションアルバムって、順番に通して聞いていくといろいろ妄想を巡らせることができて面白いです。

| 聞いて何か感じた曲、CD等 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドヴォルザークの交響曲第7番とブラームスのピアノ協奏曲第2番

 某オケで6月1日の演奏会に向けて、ドヴォルザークの交響曲第7番を練習しています。ドヴォルザークの交響曲といえば何といっても第9番「新世界より」が断トツの一番人気で、第8番(最近はあまり聞かないが、以前は「イギリス」と呼ばれることもあった)がこれに次ぎ、第7番はこれらからやや遅れて3番人気といったところでしょうか。
 この交響曲第7番は第一楽章が6/8拍子、第三楽章が6/4拍子で書かれていますが、この6拍子というのは非常に曲者(くせもの)で、1小節が123|456と二つにも割れるし12|34|56と三つにも割れるので、ドヴォルザークはそこを大いに利用して、曲が2拍子的に進んでいる中に突然3拍子的な小節が割って入ったり、トロンボーンだけが2拍子系で他の楽器が3拍子系で動いたりといったヤヤコシイことをぬけぬけと、楽しそうに書いています。演奏者泣かせです。

 さて、この曲の第一楽章はソナタ形式をとっていますが、その第二主題はフルートとクラリネットで、下の譜面のように始まります。

クラリネット パート譜<譜例はクラリネットのパート譜を紹介しています。変ロ長調のためフルートのパート譜にはフラットが2つ付きますが、クラリネットは移調楽器でここではB(変ロ)管が指定されているので、パート譜はフラット不要で、このまま「ミーレファーミ|レードシーラ」と読めばそのまま旋律になります(つまり変ロ長調を移動ドで読んでいることになる)。>

続きを読む >>
| 聞いて何か感じた曲、CD等 | 19:54 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
ヴィヴァルディの作品3-11の第三楽章再び〜妄想の訂正(^^;)

 私には過剰な妄想癖がありまして、何か格好なネタを見つけると手に入るだけの関連情報を集めては一つのストーリーを組み立てて一人悦に入っております。しかしそのストーリーは往々にして未検証、あるいは検証不能なものなので、これを自ら「妄想」と呼んでいるわけです。今回はそのテの昔の妄想の間違いが明らかになったというお話です。件の妄想にお付き合いいただいた皆様には、心よりお詫び申し上げます。

 先日アンサンブル・ゴンベェの第5回定期演奏会の記事をアップしたとき、第1回定期演奏会の記事へリンクを張りましたが、そのついでに第1回定期演奏会の記事からリンクされている記事「ヴィヴァルディの作品3-11の第三楽章で」を数年ぶりに読みました。この記事はヴィヴァルディの2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調作品3-11の第三楽章のある音(下の譜例参照)が、通用版(レ)、リコルディ1993年版(シ♭)、バッハによるオルガン編曲(ラ)とそれぞれ異なっていることについて例によって妄想をめぐらせたもので、最後は「それにしても、何とかしてアムステルダムのロジェ版のこの音がシ♭になっているのを確かめたいものです。」と締めくくっています。
 アムステルダムのロジェ版とはこの曲の初版(1711年ごろ)で、この作品が世に広まるきっかけとなった、いわば第一次資料ですが、その原本はおそらく欧羅巴の然るべき図書館なり資料館なりに収められていて、研究者などごく限られた然るべき人のみが然るべき手続きを経た後に清潔な白手袋とマスクなどを着用してようやく対面を果たすといった風に厳重に保管され、私のような市井の好事家風情は生涯垣間見ることすら叶わぬのであろうと想像しておりました。

通用版オルガン版<譜例左が通用版、右がバッハによるオルガン用編曲(オルガン独奏のための協奏曲 BWV596)のそれぞれ第三楽章の一部。赤丸の音符が問題の音符で、慣用版はレ、バッハによるオルガン版はラになっていることがわかります。リコルディ版は手元にないので譜例が出せませんが、この赤丸の音符がシ♭になっていたのです。私は上掲の記事で、リコルディ版が非和声音であるにもかかわらずこの音をシ♭で印刷した原因を、ロジェ版がシ♭であったためではないかと妄想し、そのことを「確かめたいものです」と書いたのでした。>

 ところがですよ!長生きはするもので・・・ってほど年取ってはいませんが、4年前にこの記事を書いたときには到底見られまいと思われていたロジェ版が、何と自宅からオンラインでいとも簡単に閲覧できる世の中になりました!いやぁありがたいことです。

 IMSLP/Petrucci Music Library: Free Public Domain Sheet Music というサイトがあります。ここにはクラシック音楽の楽譜がpdfファイルでアップされていて、自由に利用することができます(もっとも著作権等の扱いは国によって違うので、モノによっては気をつけなければなりませんが)。で、ここにヴィヴァルディの作品3のロジェ版が登録されたのですね。カラー版、モノクロ版ともに2010年のアップのようです。
ロジェ版表紙 データには元の楽譜に関する情報が付されていて、それによるとこの楽譜は First Edition (reissue) だそうです。出版社情報として Amsterdam: Estienne Roger, n.d.(1711). Plate 51 / Reissue - Estienne Roger Et Michel Charles Le Cene, n.d.(1725-1743)とあり、データの方の譜面の表紙(左図)の最下段にも「a Amsterdam(筆記体)/ Aux depens D'ESTIENNE ROGER Marchand Libraire(正立体)/ & Michel Charles Le Cene(筆記体)」とあって、エティエンヌ・ロジェの娘婿ミシェル・シャルル・ル・セーヌの手による再版であることがわかります。
 前述の「ヴィヴァルディの・・・」の記事本文にあるとおり、ロジェ版はスコアではなくパート譜の形で出版されているので、さっそく Violino Primo(第1ヴァイオリン)のパート譜の問題の箇所を見てみると・・・

続きを読む >>
| 聞いて何か感じた曲、CD等 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりに店で買ったCD
 ちょっと前のことになりますが、5月の2日にお店でCD買いました。最近はCDというとiTunesでダウンロードしたりネット通販で買ったりすることがほとんどなので、店頭で選んで買うなんてひさしぶり、少なくとも今年は初めてですよ・・・と言っても、実は近場のブックオフの500円/250円コーナーで漁ったものです。よく売れてる定盤はブックオフの中古でもそれほど割安感がないので、私みたいなへそ曲がりが狙うべきは500円とか250円の定額コーナーです。財布にも優しいし。

シェーンベルク:「浄夜」(弦楽六重奏版)Op.4 / 弦楽三重奏曲 Op.45 / ピアノ伴奏つきヴァイオリンのためのファンタジー Op.47
シェーンベルク・アンサンブル

浄夜1 シェーンベルク・アンサンブルってこれまで全然知らなかったのですが、演奏者の名前を見たら、ヤネッケ・ファン・デア・メーア(Vn)とかシギスヴァルト・クイケン(Va)とか、古楽の奏者として知ってる名前がちらほら、しかもバロック・ヴァイオリン奏者のシギスヴァルト・クイケンがヴィオラで参加してる!というわけで、ひょっとしてバロック・ピッチでノン・ヴィブラートで弾いてやしないか、なんて・・・もちろんそんなことしてません(笑)。
 私はこの曲には特に思い入れがないのでこの演奏がいいとか悪いとかの判断もできませんが、弦楽六重奏版らしい、奏者同士がよく聴き合った演奏だなぁと思いました。指揮者が立つ弦楽合奏版や、六重奏版でもやはり指揮者が立つ盤(私のはピエール・ブーレーズ指揮の、ただし古いドメーヌ・ミュジカルのLPですが)なんかとは味わいが違います。しかし「浄夜」聞いたの何年ぶりだろうか。すごく懐かしかった。
 余白―と言ってよいのか微妙ですが―の2曲はいずれも十二音技法による曲で、すぐにお友達になれるような曲ではありませんでした。もっと聞き込まないとね。

<上の写真はわが家の「浄夜」たち。黒くて大きいのは指揮者が立つ六重奏版・ピエール・ブーレーズ指揮ドメーヌ・ミュジカル・アンサンブルのLP盤(日本コロムビア O7572-EV)。左のCDが今回買ったシェーンベルク・アンサンブル盤(PHILIPS 416 306-2)。右のCDは以前から持っているダニエル・バレンボイム指揮イギリス室内管弦楽団による弦楽合奏版(EMI CDM5 65079 2)です。>
浄夜2
<おっと、これを忘れてはいけない・・・私の持っている「浄夜」の中では一番迫力がありますね。オットー・クレンペラー指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の1955年7月7日のライブ盤(archiphon ARC-101)です。1885年生まれのクレンペラーにとって1899年作曲・1917年弦楽合奏編曲・1943年改訂のこの曲は、まさに文字通りの contemporary music (同時代の音楽/現代音楽)であったはずですし、クレンペラーとシェーンベルクは、特にアメリカ亡命後は親しい友人同士でした・・・いやしかしこのCDを讃えるのがこの文章の目的ではなかったのだった(苦笑)>
続きを読む >>
| 聞いて何か感じた曲、CD等 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
山田和樹指揮・東混・東響の「土の歌・筑後川」を聞いて

土の歌・筑後川 iTunes で他の曲の音源を漁っていてたまたまこのCDが目に付きました。「筑後川」の第四曲「川の祭」や終曲「河口」、「土の歌」の終曲「大地讃頌」は人気曲で、私の高校の音楽部(混声合唱)も歌っていたし、私も「大地讃頌」は歌ったことがあります。もちろんいずれもピアノ伴奏で。
 「筑後川」のオーケストラ伴奏版は作曲者の團伊玖磨が指揮した福岡合唱連盟合唱団・九州交響楽団による演奏をエアチェックのカセットテープで持っていますが、当然もっといい音で聞きたいし、「土の歌」はピアノ伴奏の「大地讃頌」以外は未聴なので、さっそくダウンロードしました。

 私はここ十数年、いやもっとかな、プロの合唱団の演奏を聞いていなかったので、この録音を聞いて驚きましたね。昔のLPやCDでなじんでいた東京混声合唱団の発声や響かせ方とは違って、今風というか、力まずしなやかな発声でビブラートも抑制され、一昔前のクレヨンでぐいと描いたような力強くみっちり詰まった響きやカンタービレな歌いこみ方ではなく、もっと透明で柔軟で、ちょっと古楽の合唱っぽい感じになっているように思いました。特に弱音の部分の透明さが際立って美しい!オーケストラに古楽奏法が取り入れられつつあるように、私がずっとオーケストラや器楽方面にかまけていた間に、合唱界にもそうした動きが進んでいたのでしょうか。

 指揮者の山田和樹はオーケストラにもそうした傾向の音を求めたようで、全体として美しい響きを基本に彫琢を凝らし磨きぬいて、すべての曲を豊かに充実した音楽作品として提示しているという印象を受けました。音楽的に聞き応え十分で、東混のレベルの高さも堪能でき、聞いてよかったと思いました。
 しかしそれと同時に「筑後川」の演奏については、これはこの曲のまさに2011年3月3日(演奏・収録日)の姿であり、かつて作曲者自身の演奏で聞いた姿からかなり違っていることに驚きました。それが良いとか悪いとかではなく、作品が作曲者の手を離れ後代に受け継がれていく上で不可避に被る変容の現場に、私は立ち会ったのかも知れないなぁ、と感じたのです。

続きを読む >>
| 聞いて何か感じた曲、CD等 | 20:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
植村花菜「タイムマシン」に共感
 手と手通常版 昨年「トイレの神様」のヒットを飛ばした植村花菜(うえむら・かな)が先月25日にリリースしたアルバム「手と手」の中の(・・・って、私は別にこの人のファンでも何でもなく、実は「トイレの神様」さえサビの部分しか聞いたことがないという奴なのですが)「タイムマシン」という曲が先日たまたまラジオでかかったので聞いていると、「便利さは人の豊かさを奪っていく」とか「欲しいものがすぐ手に入るなんて ちっともおもしろくないや」という歌詞があって、自分が日頃から何となく感じていたことをうまく言ってくれたなあと感心しました。
 便利さと裏腹の負の側面への着眼と、それを「ちっともおもしろくないや」という、感覚の伴った的確な一言ですぱっと言ってのけてるのがとてもよい。痛快だし共感できますね。もっとも当の花菜さん的には50オヤジに共感されてどうなんだろうなー、という一抹の不安はありますが・・・。
| 聞いて何か感じた曲、CD等 | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「カントリー・ロード / Take me home, country roads 」の歌詞再び

 以前「カントリー・ロード」の日本語歌詞は原曲「Take me home, country roads」とかなり違うよ、という記事を書いたときに、原曲の歌詞をざっくり訳しておいたのですが、いくらなんでもちょっとざっくり過ぎたのと、その後「やっぱりあれは違うよなぁ」と思うようになった点がいくつかあって、気になって仕方ありません。小心者なもんで〜(^^;)
 もともとポップスの歌詞はダブルミーニング、つまり表の意味と裏の意味が二重に重なっているものが多く、この曲もウェストバージニア州や mountain momma(後述)を女性に喩えているせいもあって、なかなか一筋縄ではいきません。また外国語の歌詞一般に言えることとして、現地の人なら説明不要ですっとわかることが異国人である我々にはわからない、ということも多いように思います。そんなわけでまだまだ心もとないのですが、前の記事のざっくり訳の訂正も兼ねて、今回はくどくどと注を入れていこうと思います。

続きを読む >>
| 聞いて何か感じた曲、CD等 | 23:32 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
「カントリー・ロード」の歌詞
 11月に行う予定の小学校での演奏会で「カントリー・ロード」を演奏することになりました。私は基本的に映画見ない人なので知らなかったのですが、ジブリ映画でこの曲が日本語の歌詞付きで使われて人気が出たそうです。演奏をバックに学校のみんなが歌ってくれるのかな?
 私らの世代ですとこの曲はジョン・デンバーの歌でおなじみ。洋楽に疎い私でもサビの部分くらい(だけ)は口ずさむことができますともさ。

Country roads, take me home
to the place I belong
West Virginia, Mountain Momma,
take me home, country roads.

カントリーロード、俺を故郷へ連れて行け
「俺はここの者だ」と言える、あの場所へ
ウェストバージニア、マウンテン・マンマ、
故郷へ連れて行け、カントリーロード

 ところでネットでも話題になってますが、映画で使われた日本語版の歌詞はオリジナルの英語の歌詞の内容とかなり違うのですね。オリジナルの歌詞は上のとおり「故郷に帰るぞ!」という内容ですが、日本語の歌詞は故郷に帰りたいけど帰らないぞ、と言ってるのです。以下その箇所を引用しますと、

カントリー・ロード この道 
故郷へつづいても
僕は 行かないさ
行けない カントリー・ロード

カントリー・ロード 明日は
いつもの僕さ
帰りたい 帰れない
さよなら カントリー・ロード

 オリジナルの「Take me home, country roads」ではジョン・デンバーが「俺は帰るぞ、懐かしい故郷へ!畜生、なんでもっと早くそう思わなかったんだ!」と開けっぴろげに明るく叫ぶのに対し、日本語歌詞の「カントリー・ロード」は「帰りたい 帰れない さよなら」ですから、ずいぶん違いますね。なぜ帰りたいけど帰れなくて帰らないのかは映画を見るとわかるのかも知れませんが、私はこの歌を単独で聞いて、正直「何て古臭い歌詞!」と思ってしまいました。今の時代に受けてる歌だから「古臭い」は当たってないかも知れませんが、ひょっとして一回りして追いついたみたいな感じなのかな?なんて。以下は私(50歳男性)の言いたい放題です。
続きを読む >>
| 聞いて何か感じた曲、CD等 | 21:43 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
ピアノで弾くバロック〜ヒューイットのヘンデル

ヒューイットのヘンデル 「ピアノで弾くバロック」のコーナー、今回が最終回です(早っ!)。今回はアンジェラ・ヒューイットの弾くヘンデルのご紹介。
 ヘンデルのチェンバロ曲というと、私が小学生のときに「調子のよいかじや」という曲が音楽の授業の鑑賞曲で、このとき初めてチェンバロ(いや教科書ではハープシコードだったかな?)の音を聞いたものです。が、今回のアルバムにはこの「調子のよいかじや」は収録されてなくて、全部初めて聞く曲ばかりでした。

 これまでクープランとラモーを聞いてきましたが、ヘンデルはがらっと雰囲気が変わります。収録されているのがシャコンヌ ト長調 HWV435 と組曲二つ(ヘ長調 HWV427 / ヘ短調 HWV433)で、クープランやラモーのようなイメージを喚起する曲名を持った小曲の花束(たとえ組曲であっても)という作りではなく、またクープランのファンタジーやラモーの民謡のような素朴さとは違って手堅く律儀に書かれた曲を、これまた手堅く律儀に演奏している、という感じがしました。したがって作曲者や曲の性格の違いをきちんと弾き分けているという意味ではよい演奏ですが、クープランやラモーと比べると地味な印象を受けることもまた事実。これまで聞いたクープラン、ラモー、ヘンデルのうちでは、私はラモーに一番手が伸びるだろうなあ。
 なお楽器はラモーでも使われていたツィオリのピアノです。私が好きなベーゼンドルファーのガリッとした音よりはスタインウェイに近い感じの音ですが、中音域から高音域にかけてのパリッとした響きが独特なような気がします。

続きを読む >>
| 聞いて何か感じた曲、CD等 | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH